2006年06月08日 Thu

副流煙【日記】

きのう、大学でヤニ検査というのをやっていたので行ってきました。


僕はちょうど3年前くらいからたばこを吸い始めて、それから毎日欠かさず吸っているのですよ。まあ、浪人中は一日に3本くらいだし、現在も一日に6本くらいなので大した量ではないのですが、それでも3年間ですからね、たぶんトータルで5000本くらいは吸っているでしょう。たばこ一本が10cmだとして、5000本で500mですよ、0.5kmですよ。僕の実家から中学校までの道にたばこを一直線に並べて、それをすべて吸ったことになるわけですよ。


なので、おそらく僕のからだはもうたばこに蝕まれているはず。もしかしたら、肺の色なんかカカオ99%チョコレートみたいになっているかもしれない。そんなこんなで、からだがどれくらいたばこで汚れているかを調べるヤニ検査なるものを受けてきました。


ヤニ検査、略して「やにけん」。
たばこの誘惑に負けて喫煙を続け、それでも肺が汚れているかどうか気になるというチキン野郎どもが群がる検査会場に友人2人とともに乗り込んでゆきました。もちろん、僕もそんなチキン野郎の一人。


いっしょにきた友人というのはこの2人。まず一人は半年ほど前から吸い始めたNくん。彼は一日に吸う本数が2、3本という、僕よりも軽いスモーカーで、むしろ喫煙者としては失格と言っていいくらいの人です。もう一人は、たばこをまったく吸わないMさん。検査する必要すらない気がするけど、なんかなりゆきで付いてきた人です。


で、なんかテントが建ててあって、そこで3人、イスに座ってお兄さんの説明を受けます。

「この試験紙の先に唾液を少し染み込ませてください。苦いので指で歯におしつけてくださいね」

言われた通り、その細長いリトマス試験紙みたいなのを歯にくっつけて唾液を染み込ませる。そして、その紙をお兄さんに渡して待つこと1分。まずはNくんの結果発表。


あ、ちなみに、判定は試験紙の色の濃さによって5段階で出るようになっています。汚れ具合が低い方から順に、

 −  →  +−  →  +  →  2+  →  3+

となっている。さて、Nの結果発表。

「こちらの方は+です。少し汚れていますね」

やにけんの前にもらった紙に、+という判定には「少量の喫煙者 受動喫煙 周りに喫煙者が多いようですね」というコメントが書かれていました。うん、まあ、Nは少しは吸っているわけだし、これは妥当な判定でしょう。


次に3年間吸い続けてきた僕の結果発表。
さすがに3+が出たらショッキングだけれども、Nが+なのだから2+ぐらいはいってしまうかも。

「こちらの方は+−です」

おや、Nよりも低い判定が出た。なんだこれ。明らかに僕の方が喫煙期間も量も多いというのに、なんだこれは。判定したのがこのリトマス試験紙みたいな試験紙でなく人間であったなら異議が出されていたところだ。

ちなみに、+−はこんな感じ。

「少し汚れています 他人の煙に注意しましょう」

いやいや、僕自身が吸っているのですが。なんだこれ。


続いてMさん。彼女はあまり検査する気もなかったらしいけれど、来たのでとりあえずみてもらっていました。彼女は喫煙者ですらないので、十中八九、−の判定が出るでしょう。

こちらの方は+です

なんだこれ。喫煙者ですらないのに、3年間吸い続けた僕より汚れているらしい。ちなみに、もう一度+判定のコメントを見てみると、

「少量の喫煙者 受動喫煙 周りに喫煙者が多いですね」

吸ってないのに少量の喫煙者と同レベルに汚れているらしい
なんか、Mさんは飲食店でバイトをしていて、喫煙席に行くときに客のおっさんたちの副流煙をたらふく吸い込んでいるらしいのですよ。副流煙の力って偉大ですね。



結局、常習的な喫煙者である僕より、他のふたりの方が汚れているという意味不明な結果となりました。



Mさん、ドンマイ。
posted by グレエ at 21:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。