2006年06月18日 Sun

心の扉の先にあるもの【日記】

僕とおなじ学科の女の子に、野口さんという人がいます。
彼女とは、語学など複数の授業でいっしょでよく顔も合わせるのに、あまり親しくなれずにいる。きっと、彼女はまだ僕に対し、心の扉を閉ざしているのでしょう。そんな彼女のかたくなな心を開くため、僕は少しずつ、彼女に歩み寄ろうとしています。


さて、僕はそんな涙ぐましい努力をしているわけですが、このことをおなじ学科の友人たちに話したらどえらい反応が返ってきました。


僕はよく大学内の休憩所みたいなところで、友人たちと「つきあうならどの芸能人がいいか」などという知的な議論を闘わせているのですが、先日もその休憩所で授業後にしばらく話し込んでいました。あのときは友人2人といっしょだったんですが、そこで、学科内の女性の話になったときに、僕が野口さんの話をしたのです。



僕「おれ、さいきん野口さんと話せるようにがんばってんだよね」


A「えっ、グレエは野口さんがいいの?」


僕「違う違う。そういう意味じゃなくて。ただ、おなじ授業いっぱい取ってるのにあんまり話せてないから」


A「いや、野口さんと仲良くなるのは無理



僕「でも、なんとか野口さんの心の扉を開くカギを見つけ出してみたいんだよ」


A「いや、野口さんの心の扉に合うカギはない」


B「っつーかむしろ、鍵穴自体存在してない



僕「ひどいなおい!こっちは努力してんのに」


A「ぜったい無理だから諦めろって!おれだったらはじめから諦める」


B「っつーかむしろ、努力する価値すらねーよ



僕「い、いや、でも、なんかこのまま引き下がって仲良くなれないってのもなぁ‥‥‥」


A「どうせ野口さんの心の扉開けてもなんも入ってないって!」


B「うん、たぶん開けてもトイレだよトイレw






野口さんの評価悪すぎ。
posted by グレエ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。