2006年08月15日 Tue

お盆【日記】

お帰りなさいませ、ご先祖様。


ということで、お盆です。メイド喫茶ならぬ冥土から、しばしのあいだご先祖様たちが現世に戻ってくるという非常にファンタジックなイベントです。僕もおととい、13日まで実家にいましたので、このイベントにちょっとだけ参加しました。


その日、リビングで狂ったようにニンテンドーDSのテトリスをやっていました。21の青年が実家でごろごろしてテトリスに熱中している光景はニートそのもの。なんだか悲壮感さえ漂い、お母さんごめんなさい、こんな僕を許して、と言いたくなってしまいそうなんですが、あまりのおもしろさにテトリスに熱中していました。

「ほら、グレエ。お盆様迎えに行くよ」

はて、お盆様? お盆様を迎えに行く?


僕はあまり仏教に興味がないので詳しくは分かりませんが、そういえば毎年この時期になるとお墓参りにいっていた気がする。どうせ暇ですし、せめて家の行事ぐらいは参加してニートとの違いを見せつけてやろうと思い、祖母と母とともにお墓へ向かいました。


お墓では祖母が墓をきれいに掃除し、母がお花をさし、僕がその光景をぼーっと見ていました。

「グレエ、お線香あげて」

やった、僕にも手伝えることがあるんだ! と、歓喜のあまりお線香を7本ぐらいあげました。よし、仕事した。これでもうニートじゃない!

「グレエ、そっちのゲンさんのとこにもやっといて」

OK、グランマ。引き続き働き者の僕はゲンさんのお墓にもお線香をあげときました。そのゲンさんという人がいったいうちの家族とどういう関係なのか皆目分からないのですが、とりあえずゲンさんにもあげておきました。お帰りなさいゲンさん。


一通りお墓参りが済んで家に戻ろうかというとき、母がお墓の近くで何やら新聞紙と何かの木にライターで火をつけはじめました。そして、燃える新聞紙と木からモクモクと煙が。どうやらこの煙を目印に、ご先祖様たちは現世に戻ってくるようです。ま、カーナビみたいなものですね。


自宅の前まで来ると、またしても母が新聞紙と何かの木に火をつけました。どうやらこの煙を目印に、ご先祖様たちは現世に戻ってくるようです。ま、EZナビウォークみたいなものですね。


ふぅ、これでようやくご先祖様たちは道に迷うこともなく家に戻って来れるはずです。小さい頃いっしょに遊んでくれたひいおじいちゃんやおじいちゃん、あと、僕が生まれる前に亡くなったひいおばあちゃんやずっと昔のご先祖様たちも来てくれるはず。あんまりいっぱい来ると家に入りきらないんじゃないかな、大丈夫かな? なんて思いながら、やおらニンテンドーDSのスイッチを入れようとしたときでした。

「グレエ。ちょっとお寺さんいってきて」

祖母がそういい、封筒と風呂敷に包んだお金を手渡してきました。あれ、さっきの儀式でご先祖様たちは帰ってくるはずなのに、なぜまたお寺なんぞに? と疑問に思うのですが、まあ宗教的なアレだろうと思い、ニートではない働き者の僕は素直に引き受けました。


お寺にゆく途中、玄関先にキュウリやらナスに割り箸を4本さして動物みたいにしたものが置いてある家がありましたが、それもご先祖様を迎えるための宗教的なアレなのでしょう。あとで父に聞いたところによると、ご先祖様がそれに乗って帰ってくるらしいです。煙で誘導するだけより待遇がよいですね。ま、タクシーみたいなものなのでしょう。


お寺に着くと、門が開いていて中に入れるようになっていましたので、とりあえず中に入ります。するとお寺のおばさんが「ご苦労さま」と言って迎えてくれました。

「ごめんなさいね。いまお昼を食べに行ってるから、少し待っててくれる?」

どうやらお坊さんは食事中らしい。おばさんがお茶を出してくれたので、ありがたくいただいて待つことにしました。


それにしても、お寺ってのはおもしろい。これまでも何度か来たことはあるのだけれど、改めて見回してみると興味深いものばかりです。


僕が入った部屋の中央正面には荘厳な華の飾りがありましてね、いかにも仏教ですという空気を醸し出しています。その前にはお坊さんが座るためのちょっと豪華な座布団が置かれ、右前には巨大な木魚、左前には巨大なチーンって鳴る仏壇によくあるアレがありました。なんかもう、これでもかってくらいに仏教チック。キリスト教主義の大学に通ってるなんてことがバレたら殺されちゃうんじゃないかと心配になりながらお坊さんを待っていました。


5分か10分ほど待つとお待ちかね、お坊さんの登場。

「すいません。お待たせしちゃて」

と、やけに腰が低い感じで登場。


実は数年前までは、このお坊さんのお父さんがまだ現役で活躍していたのですが、現在は完全に世代交代を行われていたようで、息子の方が出てきました。息子といってももう50代の人なんですが、その人が出てきました。


僕が待っているあいだ、知らないおばあさんも来ていたのですが、まずそちらへ向かうお坊さん。おばあさんは風呂敷に包んであったお金と重箱みたいなものをお坊さんに差し出しています。なるほど、持ってきたお金はこのお坊さんに手渡せばいいわけだな、と納得し、次にこちらに来たお坊さんにお金を手渡しました。


さあ、これで帰れるのかと思いきや、そのお婆さんがやおら立ち上がりまして、なにやらお焼香というのをやっていました。なるほど、次はお焼香をすればいいんだな、と納得し、お婆さんが戻ってから僕もお焼香をしました。ここで何をするかはもう、このおばあさん一人にかかっている。


さあ、今度こそ帰れるのかと思いきや、そのお婆さんが動かないのですよ。ご先祖様を迎えにきたのに、逆にあっちに行っちゃったんじゃないかってくらい動かないのですよ。このときの僕にとってはこのおばあさんが世界のすべて。僕の、世界の中心は、君だ、ってくらいにそのおばあさんが頼りですから、僕も動けない。すると、

「イーヤーラキハーマーヤージーランダーエーターカッテタダーロー‥‥‥」

ってな感じでお坊さんがお経を読みはじめました。いったいどういった意味でお盆にお経を読むのか知りませんが、エミネム顔負けの饒舌さでリリックをライムして木魚を叩くお坊さんはかなりクールでした。ときどきチーンって鳴らすときなんて、ほんと、自分が女ならそのお坊さんを放っとかなかったと思う、お坊さんハゲだけど。


で、本来ならそのままお経を聞き終えて帰ればそれでめでたしめでたしとなるはずだったのですが、お経の途中、僕はあまりの驚きに自分の目を疑いました。


いや、白装束をまとったじいさんが現れたのですよ。


真っ白な浴衣のような服をまとったじいさん、僕が小学生のころからじいさんだったじいさんが音もなく入ってきたの。このじいさん、先ほど書いた引退したお坊さんなのですが、もしかしたらもう亡くなったのかと思っていたから死ぬほどびっくりしました。お盆だからあの世から帰ってきたのかな、と思ったのですが、お寺のおばさんやお坊さんはびっくりした様子もありませんし、よく見たらちゃんと足がついていました。


それからの1日、ご先祖様を家に迎えたはずなのにご先祖様の気配はまるで感じなかったのですが、それでもしばらく見かけなかったよぼよぼのじいさんに、しかも「たった今棺桶から出てきました!」みたいな格好をしたじいさんに出会えただけで、お盆を十分満喫できたと思います。
posted by グレエ at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

ほんとうにあった怖い話【日記】

夏といえば、怖い話ですね。僕は幽霊だとか心霊現象だとか、そういった類のものはまったく信じない科学的な人間なのですが、今年の夏はひと味違いました。怖いものなんか何もないと思っていたのに、あったのですよ、怖い話が。以下に綴るのは、実家に帰省していたときに、実際に経験したことです。


実家に戻って2日後、僕はビデオを借りにいこうと思い立ちました。先日、まだアパートにいたとき、ビデオデッキがないのにビデオを借りてみれずに返す、という悲しいハプニングがあったのですが、実家にはビデオデッキがある。ということで最寄りのレンタルビデオショップに向かいました。ちなみに、最寄りのレンタルビデオショップまで自転車で1時間半ほどかかります。


炎天下のなか、ちっちゃい折りたたみ式の自転車で出発。これが、数々の恐怖体験のはじまりだなんて、このときの僕は思ってもみませんでした。


家を出発して3分ほどすると、近所の家の庭先に何やらふわふわとした白っぽい物体があることに気づきました。よく見てみると、昼寝をしている猫です。

「にゃんにゃー! にゃんにゃー! にゃんにゃー!!」

猫好きの僕としては素通りするわけにはいきません。さあ、僕のかわいい子猫ちゃん、喉をなでさせておくれ、ちょっとお兄さんに体を触らせておくれ。


ガン付け猫.jpg



ガンつけられた。さっそく一つ、恐怖体験をしてしまいました。いや、ありゃ怖いよ。下手したら指とか食いちぎられるよ。



気を取り直して、目的地をめざします。しかしさきほどの猫のもとを去ってからまた3分ほどのところで、何やら茶色い物体があることに気づきました。まあ、見た瞬間に牛だって分かったんですけどね。僕の地元は絵に描いたような田舎でして、いたるところに牛がいるのです。わーい牛だ牛だー、とウキウキして近づいてみました。


突進してくる牛.jpg


突進してこようとしている。視線は僕にロックオン、右前足はダッシュするための準備をしている。あの角で刺されたら確実に死ぬ。僕は必死でその場から逃走しました。



えっと、そろそろ目的を忘れてしまいそうですが、僕が向かっているのはあくまでレンタルビデオショップ。猫や牛にかまっている暇はない。歩道のない道を、汗を流しながら、車の排気ガスを吸い込みながら先を急ぎます。


自転車で行く.jpg



しっかし暑い。毎年毎年記録的な暑さとか言ってるけど、今年は特別に暑い気がする。なんでこんなに体が暑いのだろう。ま、1時間以上自転車こいでるからだろうけど。


目的地へ向かう途中、2つほど気になるものを見つけました。


赤い人.jpg


赤い人出たー! パンツ一丁で全身真っ赤な、等身大の人形です。誰が何のためにこれを制作し飾ってあるのか理解に苦しみます。


さて、次は道沿いで発見したスナック。


スナックあそこ.jpg


なんか卑猥だ。「あそこ行こうよ」といった場合の「あそこ」をそのまま店名にしたのは分かります。でも、僕の思考回路がエロいからかも知れないけど、やっぱね、ほら、あそこなんて言われたら、えっ、アソコ!? って思ってしまうではないですか。


もう少し年を取ったらスナックあそこに入ってみたい、と思いましたが、無情にもテナント募集中と書かれた紙が貼られていました。残念。



そんなこんなでようやく目的地であるレンタルビデオショップに到着。1時間半ものあいだ炎天下で自転車をこいでいた瀕死の僕にとってクーラーの効いた店内はオアシスそのもの。ゆっくりとビデオやDVDを選びます。


まず欠かせないのが『ふたりのロッテ』という作品。先日、ビデオデッキがないのに借りてしまったビデオです。この作品はやはりDVD版は置いていなくて、ビデオしかありませんでした。しかし、ビデオデッキならあるもんね、という余裕の表情でビデオをつかむ僕。不安の色をまったく浮かべず、クールにビデオを取る僕。かっこいい僕。近くに年頃の美しい女性がいたのですが、たぶん僕に惚れてたと思う。


「あっ」

同時にビデオに手を伸ばし、触れ合う手と手。僕と彼女は見ず知らずの他人だった。

「すいません。どうぞ」
「いえ、私はかまいませんから。どうぞ」

遠慮がちにいう彼女とは、なんだかはじめて会った気がしなかった。自分でもふしぎだけれど、この人とは何か運命のようなものを感じる。夏の暑さが、僕の心を狂わせたのかもしれない。

「あの、よかったら、いっしょに観ませんか? このビデオ」
「‥‥‥‥‥‥」

(やっぱ、そうだよな。いきなり見ず知らずの男にそんなこと言われたって、OKするはずないじゃないか。何言ってるんだおれ。ほんと、バカだよな‥‥‥)

「いいですよ。いっしょに観ましょ」
「えっ!」

意外だった。会ったばかりなのに、こんな申し出を受け入れてくれるなんて。でも、いま思うと、あのときの真琴は、僕と同じように、夏の暑さで心を狂わされていたのだろう。


真琴のアパートは、お店から歩いて10分のところにあった。介護士として老人ホームに勤めている彼女は、その8畳の部屋で一人暮らし。

「どうぞ、あがって。少しちらかってるけど」

女の子の部屋にひとりで来るなんて、生まれてはじめてだった。少し緊張。視線のやり場にさえ困ってしまう。

「じゃ、ビデオ、観ましょうか」
「うん」

小さな画面に映し出される『ふたりのロッテ』。おなじところで笑い、おなじところで感動し、映画がハッピーエンドを迎える頃には、僕たちの心はひとつになっていた。


「いい、映画だったね」
「うん」
「じゃ、おれはこれで」

立ち上がって、玄関へ向かう。映画は終わって、もうここにいる理由はなくなったんだ。僕はもう帰らなければならない。ドアノブに手をかける。

「待って」
「どうしたの?」
「いかないで欲しい‥‥‥」

窓から、夕陽が射し込んで、彼女の顔を紅く照らしている。僕は、ドアノブから手を離し、彼女の小さな肩を、両手でそっと抱く。僕を見つめる彼女の視線は、あまりにもまっすぐで、頭がくらくらする。そして、彼女の唇にキス! 熱いキス! ディープキス! なんてことはまったくありませんでした。



『ふたりのロッテ』と、他2本の作品を持って貸し出しカウンターへ。並んでいるうちにカードを出しておくというイギリス紳士顔負けの気遣いまでしてました。

「どうぞー」

女性の店員にそう言われ、ビデオとDVD、それにツタヤカードを差し出す僕。すると、何があったのか分からないけれど、店員の表情が明らかに曇る。

「‥‥‥‥‥‥が違います」
「えっ?」

店員が何か言っているのですが、声が小さすぎて聞き取れません。しかし、明らかに不機嫌な様子。

「カードが違います」
「えっ?」

もう一度言ってくれたので今度は聞き取れたのですが、それにしても事情が飲み込めない。僕のカードは京都でつくったものですが、ツタヤカードは全国で使用できるはずです。おかしい。何かがおかしい。

「カードが違います」

人間はここまで冷徹になれるものか? と驚いてしまうほどの冷たさで繰り返す店員。なんか、長年連れ添った妻にバレてないと思ってた浮気を指摘され、「別れてください」と言われた中年男性みたいな気持ちになった。怖い。疑問を通り越して、ただ怖いという感情に心を支配されたそのときだった。

「ここはファミリーブックですので」

その店、ツタヤじゃなかった


どうしたらこんなにボケられるのか自分でも疑問なんですが、ファミリーブックとツタヤをごっちゃにしていました。なんか、自分でも信じられないのだけれど、おなじ店舗だと思っていた。たまにブタゴリラとジャイアンを混同している人がいますけど、そんな感じになってた。ちょっと違うけど。


その後、「カードって、いまつくれるんですか?」「はい」「お金かかります?」「はい」「いくらですか?」「500円です」「あ、じゃあ、いいです」「はい」という絶対零度くらい冷たい対応をされました。


あと、帰るときにビデオの棚の方をみたら、真琴の隣に、真っ黒に日焼けした背の高い男がいて、いっしょにビデオを選んでました。女ってほんと怖い。
posted by グレエ at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

おすすめサイト【随時更新記事】

最終更新:2006.10/11

ここでは僕のお気に入りのサイトを紹介しています。いずれも選び抜かれた良質サイトばかりですので、楽しんでもらえるのではないかと思います。


Numeri
patoさんが書いている超長文のテキストサイト。有名なサイトですので知っている人も多いでしょう。日常の出来事や債権回収業者と対決した話など、さまざまな話を書かれています。僕がこのサイトを知ったのは4月くらいですが、それからは影響受けまくりです。過去ログがかなり多いので、長く楽しめるはずです。更新は週1程度。


偉人ブログ
パンティ田村さんがさまざまな偉人を演じてブログを書いているサイト。すでに更新は終了していますが、未読の人はぜひ過去ログを読んでみてください。文章はそれほど長くなく、すっきりまとまっています。ちなみに、このサイトにコメントしたら、だいぶ多くの人が僕のブログに来てくれました。田村さんありがとう。


ブラジャー
上記の偉人ブログのパンティ田村さんがさいきんはじめたブログ。偉人ブログ同様、すっきりまとまった文章と切れのいいオチはすばらしい。偉人ブログでは毎回数十、時には三桁のコメントがついていたのに、こちらのブログはコメントがほとんどない。まだ訪問者が少ないようです。


女子大生の非エログ的美技に酔っちゃいな!(笑)
女子大生の茜(あかね)さんが書くちょっとエロいブログ。同性の人に恋をしているようで、妄想がほとばしっています。一人でアダルトビデオコーナーに足を踏み入れたり、下ネタを連発した音声を配信していたりと、ただものではない雰囲気がぷんぷんします。


d.j.ペリカンマッチ
僕と同い年で大阪在住の松岡カフェチョコラー太さんが書いている正統派テキストサイト。細かな表現やストーリーが予期しないツボを刺激してくれます。この人のセンスにはただただ脱帽するばかりです。


SHADOW GALLERY
牛男爵アイスさんが書いている、というより書いていた雑文サイト。雑文の他に短い小説もいくつか置いてあります。雑文執筆時の年齢が20代後半なのにもかかわらず無職であったり、やたら音楽やゲームに詳しかったりと謎の多い男爵です。ちなみに牛男爵は「ぎゅうだんしゃく」と読むのか「うしだんしゃく」と読むのかも謎です。2004.4/1で更新は止まっています。


どれも激しくおすすめですのでどうぞ遊びに行ってみてください。
posted by グレエ at 01:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。