2006年09月19日 Tue

帰国【日記】

1ヶ月のミュンヘンでの生活を終えて帰って参りました。飛行機でドイツから日本へ来ると時差ってものの影響で時間が7時間消し飛ぶという現象が起きるため、夕方から深夜まで部屋で眠っていたのでこのような時間に更新しております。


さて、ドイツでは筆舌に尽くしがたいほど貴重な経験をしてきたのですが、それをブログで書くか否かで多少迷っています。もしそれを書けば女の子にモテモテになり、宝くじに当選し、身長が10セントほど伸び、顔もイケメンになり、これまでのさえない自分にさよならできる、というのなら迷わず書くのですが、そんな確証はありませんし、なによりあれなんですよね。うん、めんどい。


それにドイツでの日記を書くとなると固有名詞やら地名を書かねばならず、それを書くと検索で友人がここに到達し見事にサイトバレ。一人にバレたらすぐ別の人に伝わり、そこからまた別の友人へと伝わり、負の連鎖によって大学の友人にこのブログがあまねく知れ渡って僕の大学生活はずたぼろ。キャンパスで「グレエ」「やさぐれ」などと罵られるわトイレに入っていたら上からバケツで水を浴びせられるわで僕は精神的に追いつめられ大学を休学、そのまま復学のめども立たないまま引きこもりになり、ついには大学中退。親元に戻るも将来の見通しはなく、家出して一生橋の下で野良犬を話し相手にダンボールの家に住む。なんてことにもなりかねませんので、あまり気が進まないのですよ。


でもまあ、この1ヶ月でかなりネタもできたので、それをすべて完全に封印するのもどうかな、と。それはちょっともったいないんじゃないかな、と。そういうわけで、留学中のことはネタがなくなったときにでも書いてゆくことにします。



いやね、ドイツ語をしゃべるのってなかなかおもしろいですよ(もうネタがなくなった)。1ヶ月間、両親と子ども2人の一般家庭に合意の上で忍び込んでいた(いわゆるホームステイ)のですが、日本語なんて一つも通じないですからね。はじめの頃、どうしても僕が理解できないときは英語でフォローしてくれたりしたけど、それ以外はぜんぶドイツ語。もうね、最初なんて何言ってるかぜんぜん分からない。「お前は今すぐ死ぬべきだ」とか言われてたとしてもぜんぜん分からない。でも、少しずつ学習していって、相手の言うことが分かるようになったり、自分のことを伝えられるようになってコミュニケーションが成立してくるのが喜びなんですよね。


留学中にミュンヘン以外のいくつかの街に旅行にいったのですが、特にハイデルベルクの美しさはすばらしく、その場でブリーフ1枚になってしまいそうなほどでした(またネタがなくなった)。ゲーテをはじめとする詩人や哲学者らが好んで散歩したといわれる哲学者の道。旧市街から石橋を渡って対岸へゆき、そこから細い道を15分ほど登るとその哲学者の道に出るのですが、そこから眺めるハイデルベルクの街と城は中世の風景そのものです。女の子がほうきに乗って宅急便の荷物を運んでてもなんら不自然ではない感じです。



こんなことを書いていたらまたドイツに行きたい、ってかむしろドイツに帰りたいとさえ思いはじめて若干ホームシック(?)になってきたのですが、あれですね、唐突ですが、相互リンク先の皆様にはご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。


1ヶ月ほぼ更新がなかったわけですから、もうコメント欄はアラシコメントでいっぱいになり、ブログは炎上。僕のメアドは巨大掲示板にさらされウィルスメールが山のように届いてメールボックスは破裂。このブログへのリンクはことごとく削除。なんて憂き目に会っても文句は言えない状況だったわけですが、皆様仏のような心をお持ちの様で、そのようなことはなく、感謝の心でブリーフ1枚になってしまいそうです。これからは留学以前のような更新に戻ると思いますが、なにとぞよろしくお願いします(ブリーフ1枚で土下座しながら)。
posted by グレエ at 05:05 | Comment(9) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。