2006年09月26日 Tue

秋学期の前に【日記】

いやぁ、秋学期は授業も少なくなるしと思って家庭教師のバイト探してたのよ、家庭教師のバイト。で、数日前からある会社がやってる派遣家庭教師の募集をネットで探してたわけ。でも何度やっても見つからないのよ。さすがのGoogleもYahoo!もお手上げ状態。こりゃよっぽど募集が少ないのかな、ハンター試験並みに採用されるのが難しくてまず応募方法を探すところから試されちゃってるんじゃないか、最終的には面接会場で「生き残った人だけが採用です」とか言われて殺し合いさせられちゃうんじゃないか、なんて不安を胸にひたすらネット上を徘徊してたんですが、その会社の名前を一文字間違ってたことにさっき気づきました。そりゃ募集もないわ、実在しない会社の名前で検索してたんだもん。


そんなわけでいよいよ秋学期も近づいてきたきょう、僕はようやく大学に春学期の成績表を受け取りにいってきました。本来ならば先週の水曜あたりに取りに行くべきだったのですが、太宰治も真っ青の人間失格ぶりを発揮して昼夜逆転の生活をしていた僕はきょうまで大学にゆくのをしぶっていたのです。


秋の香を含んだ乾いた風に吹かれながら、長い長い坂を登りました。夏のあいだずっと見ていなかった若い大学生の群れに紛れて。


正門をくぐり、正面の大きな芝生の広場と図書館に迎えられた僕はとりあえず事務室を目指しました。困ったときの事務室。そこへゆけばおそらく成績表がもらえるはずです。


事務室のドアを開け文学部の受付へゆくと、そこには「成績表の交付は○○の教室」という張り紙。どうやら成績表公布日に成績表を受け取らなかった僕のようなクズのために、それ用の教室が設けられているようです。僕はクズらしく卑屈な目をしながらその表記されていた教室へ向かいました。


数ある教室の一室。そこにクズの吹きだまりはありました。あらかじめ成績表公布日を知らされていながら、1週間近くたってようやく受け取りにくるようなウジ虫たちの楽園ベイベー。教室には2人の事務員がいて、僕が学生証を見せると「ヘイ、ボーイ。日付の数え方も知らないのかい?」とまでは言わないまでも、どこか蔑むような目線で僕を見下しながら成績表を差し出しました。そしてすべての単位が取れていることを確認し安堵のため息。春学期の自分のがんばり(学長への賄賂など)は無駄ではなかった。


ところで、僕の春学期の成績でもっとも評価が低かったのは金曜2限にとっていたあの伝説の英語でした。レベルの低さ、学生のモティベーションの低さ、授業のつまらなさなど、どれを取っても他に類を見ない厳選されたダメ英語だったのだけれど、あとでネットでその授業の成績分布を確認して愕然としました。僕の大学はAからD、そして不可という意味のFの5段階で成績がつくGPA制度というものを採用しているのだけれど、あの授業はほんとありえない。


A評価、B評価の人が0人(画像のいちばん下)。


いやいや、Aが0人ってのはまだ分かるけれど、Bも0人はありえない。明らかに他の授業の評価分布と次元が違うからな。やっぱ何かがおかしいわ、あの授業。


で、話は戻るんだけど、成績表をもらったそのあとですよ、なんか教室のなかに机があって、その上に書類がたくさん積んであるのよ。無視して帰ろうかとも思ったんですが、一応手に取ってチェックしてみました。


>25日(月) 英語 登録削除(9:30〜11:30)
          追加募集(13:00〜17:00)


25日って今日やん。一瞬にして僕の目はキラのそれと化し、「削除削除削除」とつぶやきながら登録削除の受付がある教室へ歩いていった。そうしてデスノート2ページがキャンパスを闊歩するカップルたちの名前で埋め尽くされようとする頃、教室に到着。がらがらの大教室にポツンと置かれた受付へゆき、英語を削除してやった。


クレイジーな英語を削除した喜びに、乾杯。ということで、僕は学食で醤油ラーメンを食べていた。ドイツでは一度も食べられなかっただけに、それは春学期に味わったものよりもおいしく感じられた。麺も残り半分となり、チャーシューをいつ食べるかで頭を悩ませていたとき、突然サークルの友人2人に話しかけられ、

「久しぶり」
「おお、久しぶり」
「ドイツどうだった?」
「ビールがうまかった」

といった充実した会話を交わした。ちなみにその友人2人というのは男と女でいつでもいっしょに行動している。つきあっている、という話は聞かないが、事実上はカップルというやつである。「じゃあまた」といって去ってゆく2人に「うん、またね」と笑顔で手を振った。次の瞬間、鞄からデスノートを取り出し、即座に2人の名前を記したのは言うまでもない。


午後。英語の追加募集。もうあのような悲惨な過ちを犯してはならない。ノーモアクレイジーイングリッシュ。昼休みに大学のパソコンでネットに接続しシラバスを読み、希望の英語を選択。さあこれで完璧、いざ登録会場へ。


追加募集の会場となった大教室。そこは春学期に英語の単位を落としたクズや、僕のように授業が気に入らず女の子にもまるでモテないクズなど、とにかく大学中のクズというクズを集めたような場所と化し、ドアの前に並ぶクズたちからはほとばしるほどのやる気のなさが発せられていた。見てご覧、あれが5年後10年後のニートたちなんだよ。


僕はそのニート予備軍の列に並び、ぞろぞろと教室へ入っていった。そこには想像以上の数の学生があふれかえっていた。これはだいぶ待たなければならなそうだ。そこそこ早めに行っていた僕でも30分は覚悟しなきゃかな、と思っていたらなんと受付にたどり着いたのが2時間後。信じられない。そして2時間妄想だけで過ごした自分も信じられない。


受付には中国映画で比較的序盤に倒されてしまいそうなおじさんが座っており、対応してくれた。準備万端、取りたい授業を記したメモを片手に希望を告げる。

「金曜2限の、この先生の授業がいいんですけど」
「それはもういっぱいですね」
「じゃあ、こっちの先生で」
「そこもいっぱいです」
「それじゃ、こっちの先生で」
「そこももういっぱいです」

万策尽きた。

「他に金曜2限で空いている授業は何かありますか?」
「えーと、リスニングの授業がひとつ、それに‥‥‥」
(それに?)
「スペシャル・イングリッシュが空いてます」
(すす、すぺしゃるぅ? へへへ、なんかそれすごそう)

そんな小学校低学年としか思えない発想で「じゃあそれで」と答える僕。「わかりました」と応じる中国映画で比較的序盤に倒されてしまいそうなおじさん。僕はやった。ぼかぁやってやった。クレイジー・イングリッシュがスペシャル・イングリッシュに! なんかようわからんけどとにかくすごそう!


正直言うと希望のクラスが取れずやや気を落としてはいたのだけど、とにかくあの英語よりはぜったいマシなはず。あれ以下の授業とかぜったいありえない。そんなふうに思いながら部屋のパソコンでそのスペシャル・イングリッシュの内容をシラバスで確認してみました。そこで見つけた信じられない宣告。


>NHK第2放送の『ビジネス英会話』を使って,ビジネス・シーンで即使える英語力を養成したい。受講生は月曜から土曜までの放送を必ず聴くこと。


いやいやいや、一つの英語の授業のために月曜から土曜まで、毎日ラジオ聴かなきゃいけないとかありえない。それに、ビジネス興味ない。即使う機会なんてない。おれ、どんだけ英語の授業の神様に見放されてんだよ、そんな神様いるのかどうか知らんけど。


で、その英語を担当している先生がパソコンにたしょう興味を持っているらしく、シラバスのくせに(^_-)っていう顔文字が2回も使われていてなんだか殺意さえ湧いてくるのでした。あと、そのシラバスに参考URL(www.baika.ac.jp/〜stagaya/)ってのが載ってたからクリックしてみたのだけれど、そこにはセンスの欠片も感じられないMIDIの音楽とケバケバしいデザインが待ち構えていて、さきほどの殺意がある一つの決意へと変わったのでした。


この英語の授業、すぐ辞めまーす(^_-)。
posted by グレエ at 03:43 | Comment(5) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。