2006年10月18日 Wed

Mになりました【日記】

どんな苦難にも耐えて抜いて、日記王に、おれはなる!


そんな風に、存在するのかどうかも定かではない日記界の頂点をめざす僕でも、時には鬱な気分になることもある。秋風の運んでくる切ない季節の香りが、僕の心を灰色に染めてしまうこともあるんだ。


僕は今日も大学に講義を受けにいった。ほんとうならベッドのなかで眠り続けてそれこそ永眠してしまいたい衝動を抑えて大学に向かったんだ。いくらツッパることが男のたった一つの勲章だと信じているとしたって、大学当局の「単位取らないと卒業させてやらないもんね」という脅迫に抗うことなんてできやしないんだ‥‥‥。


そして2限早々にラテン語入門休講という嫌がらせが僕を襲う。アハハ‥‥‥。所詮僕は大学の手の平で遊ばれているおもちゃに過ぎねぇんだな。僕は皮肉な笑みを浮かべ、ラテン語担当の教授に呪いをかけることを決意し夢告館を後にした。(なお、このときに呪いの藁人形を買うことを決意した。)


4限目のジャガイモみたいな顔の講師のドイツ語を終えて、僕は田辺坂をくだった。「こういう日は酒でも飲まなきゃやってられねぇ」僕は近所のドラッグストアで白ワインを一本購入し、部屋に戻った。そうして、浮き世の憂さを酔いで紛らわせようと、ワインをグラスについだ瞬間だった。

「これ、赤ワインやん」

とうとう僕は大学だけではなく、ドラッグストアにまで欺かれた。畜生。まったくついてない。幸運の女神はなにをしてんだ。不幸だけじゃなくて、僕にも少しは幸福を分け与えるべきなんじゃないのか。僕は思わず天に向かって悪態をついた。すると、幸運の女神は「うるさいわね」とだけ吐き捨てて僕のこめかみをヒールの底で踏みつけた。ああ!やめて、女神さまっ!あ‥‥‥でも、ちょっと気持ちいいっ!


僕がマゾに目覚めた瞬間だった。
posted by グレエ at 18:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。