2006年02月28日 Tue

少年補導条例【日記】

なんか、奈良で少年補導条例っていう条例案ができたらしいです。
18歳未満は無断外泊をしたり、学校をさぼって遊んだりすると補導されるとか。


そんなのほっといてやれよ、ってことですよ。


いいじゃないですか、そんなとこまで警察の目を光らせなくても。
とくに「学校をさぼって遊ぶと補導」ってとこね。



思えば、わたくしグレエは高校生のころは学校をさぼってばかりでした。


まず、遅刻せずに登校するということがほとんどありません。

さらに、3年のときは授業を3分の2程度しか受けておりません。
(遅刻や欠席で)

2連休の前後に学校をさぼって勝手に4連休にしたり、

降りるべき駅を素通りして制服のまま「ぶらり途中下車の旅」にでかけたりとか、

学校さぼってツーリングに出かけたりとか、

もうやりたい放題でした。



あの、あれですよ。
もしこんな条例が僕の地元で施行されていたら、
補導どころではなかったとおもいますよ。



おそらく、ぼくは死刑になって、この世からいなくなっていたでしょう




まあ、さぼるのはいいことじゃないけど、そこは自主性に任せてほしいところですよね。法律や条例でがんじがらめにすると、逆に反抗したくなるのが人情ってもんです。とくにやさぐれた人間は。
posted by グレエ at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。