2006年04月09日 Sun

お花見【日記】

死にそう!



いきなりすみません‥‥‥。でも、ほんとにいま死にそうに疲れているのです。残りHPは3くらいでしょうか? ぶちスライムに一回攻撃されただけで死ねる自信があります。


なぜ、僕はいまこんなに疲れているのか?



そう、この悲劇のはじまりはきょうの昼頃。僕がある計画を実行に移したところからはじまります。その計画とは‥‥‥



ひとりで歩いて、桜を見に行こう!



というもの。

ふつうお花見といえば、シートを敷いて、桜の木の下でわいわい仲間や家族といっしょにやるものです。お弁当やお菓子を食べたり、お酒を飲んだりしてね。


でも僕は考えました。


「そんなふつうのお花見なんかおもしろくもなんともない!
 やるならもっと、他の人がやらないようなお花見をしようではないか!」



ということで思いついたのが今回の企画。ひとりで京都を歩き続けて、歩きながら道ばたの桜を眺めようというもの。お花見はこうじゃなきゃいけないなんていう決まりはないんです!常識なんてクソ食らえ!!



かくして僕はひとりぼっちのお花見にでかけました。きょうはその様子を書こうと思います。長くなると思うので、お暇な方のみ、続きをお読みください。


まず、スタート地点は近鉄京都線の桃山御陵前駅というところです。ここから京都の中心部へ向かって歩くことにしました。駅前には繁華街があって人がごちゃごちゃいます。人ごみが苦手な僕はすぐに人通りの少ない道にそれて、京都市内の方向をめざしました。


きのうは黄砂でかすんでいた空ですが、きょうはだいぶマシです。きれいな青空が広がり、4月らしい暖かい陽気。なんだかわけもなくウキウキした気分になってきますね。


なにはともあれ、僕は歩く歩く。川沿いや公園、あるいは路傍に咲く満開の桜たちを眺めながら。いやぁ、きれいきれい。ソメイヨシノにシダレザクラ。もう桜づくしです。


しばらくして、龍谷大学の近くを通りかかりました。「せっかくだし、ちょっとキャンパスの見学も兼ねて入ってみるか‥‥‥」ということで、龍谷大学へ潜入。


まず正門のデカさにびびりました。なんなんだあの大きさは‥‥‥。キャンパスの広さはそれほどでもないのですが、なかなかおしゃれな建物が立ち並んでいます。日曜日だから閑散としていると思ったら、学生もわんさかおります。もう、うちの大学の平日並みのもりあがり方ですよ。サークルの勧誘もバンバンやっています。


学生「あの、新入生ですか? こんどお花見やるんですけどどうですか?」

グレエ「いえ、新入生じゃないんで‥‥‥」




っていうか僕、この大学の学生ですらないんですけど何か? 5分間だけ龍谷大学の新入生気分を味わって、さらに北上を続けます。


すると鴨川が見えてきました。両岸には桜桜また桜。その桜の下では、家族連れがバーベキューをしたり、もってきたお弁当を食べたりしています。しかし、そんなことは僕には関係ありません。僕はただひとり、歩きながら桜を眺めるだけ‥‥‥。別に寂しくなんかありません。


鴨川の沿岸づたいに北上を続けます。川の流れを上流にさかのぼる形になるわけですね。いつの間にか京都タワーが自分よりも後方に移動していました。いよいよ京都の中心部とも言える三条や四条のあたりに迫って来ました。


このあたりまでくると、若い人の比率が多くなってきます。おしゃれした若い男女が、桜の下、シートの上で楽しそうにお弁当を食べたりおしゃべりしたりしています。

「おっす、遅くなってごめん!」

と言って、大学生風の集団に話しかければ、僕も仲間に入れてくれるんじゃないかとも思いましたが、さすがにそれは思いとどまりました。

別にうらやましくなんかないですよ。いや、ほんとに‥‥‥うらやましくなんて‥‥‥。







桜がきれいです。





ああ、あと、この辺りはカップルも異常に多いんです。ふたりで川沿いに座って、水の流れと桜を眺めながら、お互いの愛を確かめ合っているのでしょう。別に、うらやましくなんかないですよ。うらやましくなんかないんだってば! うらやましくなんて‥‥‥‥‥‥









桜がきれいです。






そのまま京阪線の三条駅まで歩いたのですけど、さすがに人ごみに嫌気がさしてきました。そろそろ鴨川沿いを歩くのはやめにしようと思い、今度は西に向かって歩くことに。人の多さにうんざりしながらも西へ西へ‥‥‥。


気づけば京都市役所の前まできました。以前にも見たことありますが、何度みても厳めしい建物です。市役所の前では、何かイベントをやっているらしく人だかりができていました。道の反対側からその様子を眺める僕。すると‥‥‥



「すみません、あの、わたし、手帳をなくしてしまいまして、駅まで帰れないんです‥‥‥」

突然、見知らぬおばあさんが話しかけて来ました。道でも聞かれるのかと思ったのですが、どうもそういうわけでもないようです。


詳しい事情はよく分からなかったのですが、手帳をなくしてしまい、またお金も持っていないらしく、家族が待っている駅まで帰れないというようなことらしいのです。手帳に定期でも入っていたのでしょう。


そして、ちょっと遠回しに、僕に500円を要求してきました。募金でもなんでもなく、見ず知らずの人にお金をねだられるなんてはじめての経験です。でもまあ、ほんとうに困っている様子だったので、近くの喫茶店でコーヒーを買って万札をくずし、おばあさんに500円を手渡してあげました。おばあさん、たいそう喜んだそうな‥‥‥。


これで家族のもとに無事帰ってゆけるだろう。さようなら、見ず知らずのばあさん。もう手帳なくすなよ。あと、少しはお金持ち歩けよ



そうして、僕はさらに歩く歩く。すると、二条城の前まできました。城の前は観光客でごったがえしています。入り口のあたりに貼ってあったポスターをみたところ、どうやらこの季節、二条城では夜桜のライトアップが行われているようです。激しく興味をそそられたものの、このときまだ4時半。ライトアップまではまだ1時間半以上もあります。「そんなに待ってられっかよ」ということで、今度はまた北上。



しかし二条城から北へ歩いていったところ、ほんと、なんもないのな。桜もあんまり咲いてないし‥‥‥。だんだん太陽も沈んでゆく。
このあたりから、僕の気分はかなりブルーになっていきました。


「僕はひとりで何をやっているんだろう?」

「何のための何時間も歩いているんだろう?」

あした授業なのに、なんで教科書も買わずにひとりでバカみたいに歩いているんだろう?


このあたりから、僕は今回の企画の趣旨を忘れて行きました。もう桜がどうのこうのというより、「ここまで来たのだから、きょうはもう、京都を歩いて縦断しよう。」という一念のみとなりました。


ということで、ひたすら北へ北へ。桃山御陵前駅を出発したのが午後1時。それから5時間ほどが経過しました。さすがに足がキツくなってきます。


がんばれ、僕の右足!
がんばれ、僕の左足!


しかし疲労は確実に蓄積されてゆきます。新歓やアルバイトで疲れていた体にさらなるダメージ! それに、日も落ちていって、なんだか心細い‥‥‥。

「ああ、なんで僕はこんなことをしているんだろう?」

そんな不安とも疑問とも思えるような感情が湧いてきてしまいます。けれど、キリがつかないと止めることもできず、とりあえず歩く歩く。この段階でもう、桜なんてどうでもよくなっています

「とにかく、歩いて京都を縦断してやる!」

二条城をあとにしてからどれくらいの時間が経過したでしょうか? 太陽は沈み、あたりは薄暗くなり、月がぽっかりと浮かんでおります。そして僕の目の前には山が現れました。


そうです!
とうとう来たのです!
京都の北の果てに!


ここから先はもう山ばかり。これ以上いくと地下鉄の駅もなくなってしまうというくらい最果てです。まあ、京都市の領域はまだ続くのでしょうが、実質的に、そこが京都の北の果てと言っていいでしょう。


「よっしゃあ、ついにきたー!
 京都縦断成功!
 これでやっと帰れるよー!



ということで、地下鉄の松ヶ崎駅のホームへと向かう僕。桜のことなんかもうどうでもいい。とにかく、疲れた。それだけでした。


もうね、電車のシートに座ってからの疲労感が半端なかったです。歩いているときはまだいいんですが、一度止まって座ってしまうと、どっと疲れがでるんですよ。ここでようやく、HPが3しか残っていないことに気づきましたね。ぶちスライムにも負けます。1ターンで即死ですよ。もう完全な瀕死状態です。



こうして、僕のオリジナルのお花見は静かに幕を閉じました。一日でたくさんの桜を見、そして京都縦断という当初の予定にはない目標を達成することもできました。そして、きょうの経験を通じて、はっきりと分かったことがあります。















こんなのはお花見じゃなくてただの苦行です!
花見は家族や友人とわいわいやるに限る!!












どう考えても、やる前から分かりきっていたことです。本当にありがとうございました。
posted by グレエ at 23:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング
この記事へのコメント
個人的に花見より、京都縦断のほうに興味があります。いいな〜京都。ちなみに二条城は修学旅行で行った記憶があります。床がキュワンキュワン鳴るやつですよね!!(うろ覚えです)
Posted by 我流おk at 2006年04月10日 21:08
ええ、うぐいす張りってやつです。
京都はいいとこですよ〜。
歩いて縦断はおすすめできませんが‥‥‥。
Posted by グレエ at 2006年04月10日 22:28
大変でしたね!
桜が綺麗だったことが、救いですね!
Posted by ベネロップ at 2006年04月14日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16362541

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。