2006年05月22日 Mon

iTunes Music Storeの悲劇【日記】

みなさんは、AppleのMusic Storeを知っているでしょうか?


iPodがかなり普及しているから知っている人も多いとおもうけれど、これはネットで音楽を購入できるというサービスのことです。僕はマックを使っているくせにこれまでMusic Storeを利用したことはなかったのですが、たまたまきのう、セブンイレブンでMusic Storeで使用できるカードを発見し購入、いい機会なので使ってみることにしました。


自宅に戻り、iBookの電源を入れ、iTunesを起動してAppleのMusic Storeにアクセス。登録を終了してさきほどのカードに書かれた文字列を入力すると1,500円がチャージされました。これで1,500円分まで曲を買えるわけです。


余談ですが、カードの裏の文字列はスピードくじみたいに、銀の部分をスクラッチすると見えるようになっているのですよ。パソコンを前にして10円玉でカードをこすり、出てきたカスをふーっと吹くという姿はハイテクなんだかアナログなんだかよく分からない。カスがキーボードの隙間に入っちまった。


iTunesというソフトには、Music Store内の曲を検索する機能があるのですが、とりあえずそれを使ってみることにしました。いったいどれくらいの品揃えがあるのだろうか。ためしに、僕のリスペクトするVincent Galloの名前を入れてみました。


すると、出て来たのは1曲のみ。どーなってんだ? しかもよく見ると、アーティスト名のところにWide Rightとあり、曲名のところがVincent Galloになっています。うん、つまり、Vinvent Galloの曲は0でした。Wide Rightという人は知らないし、そのVinvent Galloという曲が僕のリスペクトするVincent Galloのことなのかどうかも分からないけれども、とにかく彼の曲は0。なんだよ、品揃え悪いじゃないかMusic Store。それとも、Vinvent Galloはマニアック過ぎるのだろうか? さい先悪いな。


まあ今のはMusic Storeの品揃えをちょっとためしてみただけです。次からが本番。いよいよ僕は音楽を求めて旅立ちます。


ふたたび検索欄に文字を打ち込みます。

"I Fall in Love Too Easily"

これはフランクシナトラの代表曲らしいです。Wikipediaで調べたら、代表曲の欄の1つ目に書かれていました。いっちょこいつをダウンロードしてみましょう。ちなみに、僕はシナトラの歌声は何度かテレビなどで聴いたことがあり、密かにいいなぁと思っていたのですが、この日までちゃんと聴く機会を持てずにいました。


曲名を入力してクリック! するとなんか、膨大な量のリストが表示されました。おおっ、さすがシナトラ!こんなにいろいろなアーティストにカバーされてんだな! と感心しながらリストを見ていたのですが、ないのですよ。肝心の、シナトラ本人が歌ってる"I Fall in Love Too Easily"がないの。おかしいんじゃないか、Music Store。


次善の策として、シナトラの他の代表曲である"My Way"と"White Christmas"を購入してシナトラは終了。このくそ暑いときに"White Christmas"が部屋に流れるのはなんとも異様。


次に探したのがラッツアンドスターの『夢でもし逢えたら』という曲。これは田代まさしや桑野信義(くわまん)などが過去に結成していて、顔を真っ黒に塗っていた姿が印象的だったグループです。田代まさしは数年前に覚醒剤所持や盗撮などで捕まり芸能界から消えてしまいましたが、この『夢でもし逢えたら』という曲はすばらしい。以前から、どこかで聴くたびにいい曲だと思っていたのですが、やはりこれも、今まで購入には至らなかったのです。まずはラッツアンドスターで検索。


「ただいまの検索では、何もヒットしませんでした。」


あれ?ではラッツ&スターで検索。

「あなたが探しているのは シシシスシー?
 ただいまの検索では、何もヒットしませんでした。」


シシシスシーって誰だよ。そんなアーティスト知らんわ。
ではRats&Starで検索。

「ただいまの検索では、何もヒットしませんでした。」


は?じゃRats and Starで検索。

「あなたが探しているのはRats and Stay?
ただいまの検索では、何もヒットしませんでした。」


おしいっ!非常におしいのだけど違う。よしっ!最後のチャンスをやろう!これでほんとに最後だぞ! RATS&STARで検索!

「あなたが探しているのはHassan?
ただいまの検索では、何もヒットしませんでした。」


ガッデム!なんでラッツアンドスターがないんだ! そこそこ有名なグループじゃないか! Hassanて誰なんだよ!


ふー。
Apple Music Store。
もしかしてこいつ、品揃え悪いんじゃないか?


そりゃたしかに、僕の探している曲がマイナーなものが多いという問題はあるけれどもね。しかし『夢でもし逢えたら』ぐらいは置いておいて欲しい。‥‥‥まあいい、過ぎたことは忘れることにしましょう。田代まさしが芸能界から忘れ去られたように。


お次は忌野清志郎です。彼の、「この雨にやられて、エンジンいかれちまった」ではじまる曲を探すことに。残念なことに、こんどは曲名が分からないのですが、とりあえず忌野清志郎で検索。すると、ずらずらと忌野清志郎の曲のリストが出てきました。うん、これでヒットがなかったら2度とAppleのMusic Storeは利用しないところだったよ。で、出てきたので曲名を上から順に見てみる。すると、こんな曲を発見。

『エンジン・トラブル・ブギ』

さきほど探していた曲のはじまりが「この雨にやられて、エンジンいかれちまった」です。それでこの曲名が出てきた。よし、まずこれに間違いないだろう。200円でこの曲を購入、っと。


いざ再生してみると、イントロで車に人が乗り込み、エンジンをかけようとする音が流れてきます。おっ、きたきた。おそらく、エンジンをかけようとしてかからず、そこであの「この雨にやられて」と入るのだろう。

ブルンッ‥‥‥ブルンッ‥‥‥ブルンッブルンブルルルルルルルルルルル!


エンジンかかっちゃった

そして、聴いた事もない曲が流れてきました。たしかに忌野清志郎なのだけれど、曲が違う。曲が違う。曲が違う。曲が違う。5回も言うけど曲が違う。


アハハ、曲名で決めつけていた僕が悪かったよ。僕が愚かだった。こんどはGoogleで調べて、曲名が『雨上がりの夜空に』であることを確認。検索。

「ただいまの検索では、何もヒットしませんでした。」



オーマイガッ!
ありえねー、ありえねーよこいつ。なんで僕でも知っているような曲が置いてないんだ。狂っている、このりんごの会社は狂っている。


ああもう、なんもねーなここは。どんだけ品揃え悪いんだ。これなら近所のTSUTAYAの方がましなんじゃなかろうか?


はい、ここまでくると僕もちょっとイヤになってきましたね。ぜんぜん期待に応えてくれませんからね。自分の趣味の特殊さは棚にあげておくとして、それでもイライラしましたね。


よっし、もう最後に1曲ダウンロードして終わりにしよう。ということで、こんどはマイケルジャクソンだ。なんか、犯罪者やあやしい人の曲ばかり好んでいるような気がするけどたぶん気のせいだ。ではマイケルの代表曲ともいえるThrillerを検索。すると、こんどはさすがにヒットしました。購入ボタンをクリックしてダウンロードされるのを待ちます。そして再生。

おお、テレビなどでよく聴いたあのイントロ、かっこいー。


ターラー!ターラーラー!
ズンチャッズンチャッズンチャッズンチャッ‥‥‥



ん? いつまで待っても歌がはじまらない‥‥‥。


チャッチャッズンチャチャッチャズンチャ‥‥‥


あ、これ、バックミュージックしか入ってない






iTunesのMusic Store。自宅に居ながらにして、クリックひとつで音楽を買えるという画期的なシステム。しかし、それはまだまだ発展段階にあり、それを使うユーザーの方も勉強が必要なようです。不用意なたった1度のクリックによって、お金が無駄に消えてゆくこともあります。ここには書きませんでしたが、他にもいくつかの凡ミスにより、僕は1,500円のうち600円分くらいを無駄に消費してしまいました。iTunesをご利用の際は、探している曲についてWikipediaやGoogleなどできちんと調べた上で曲を購入しましょう。




さて、さきほど改めて忌野清志郎のあの曲、『雨上がりの夜空に』について調べてみたのですが、Wikipediaの『忌野清志郎』の項には一切彼の曲が載っていませんでした。代表曲が一つも載っていない。あと、もう一度あの出だしの歌詞をGoogleで検索してみたら、検索トップのページには『雨上がりの夜空に』とあるけれど、他のページも見てみたら、どうやら正式名称は『雨あがりの夜空に』らしい。これでMusic Store内を検索したら一瞬で見つかった。でももうチャージしたお金が残ってない。



TSUYATA行ってきます。
posted by グレエ at 21:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング
この記事へのコメント
MUSIC STORE使ってるで!クレジットカードでサインインしてる☆music cardってあるんや?
確かに品揃え悪いかも・・邦楽なんかは少なすぎるで!洋楽割りと強いかなと思ったけどグレエっさん・・特殊すぎましたかね(´Д`)
Posted by 宗介 at 2006年05月23日 00:02
それにしても悲惨な・・・。
徐々にラインナップよくなっていくとは思いますけどねぇ・・・

そんな俺はmp3プレイヤー持ってませぬ。
何か規格がいくつもあってややこしいんで、淘汰されるまで待ちです。
Posted by sizmal at 2006年05月23日 00:14
本当に何もありませんよ。ORANGE RANGEの曲もポルノグラフィティの曲もありませんでしたよ。

でも利用してます('Д`)
Posted by 光 at 2006年05月23日 17:59
 MUSIC STORE使いません…何か面倒くさくて。この記事を読んで、その選択が間違っていなかったことを確信しました。
 余談ですが、このブログをリンクさせていただいたのでよろしくお願いします。
Posted by kevin at 2006年05月23日 19:32
>宗介さん
話題の割にはマイナーな曲はあまり扱っておらず残念でした。やはり僕の趣味が特殊すぎたようです。

>sizmalさん
僕もmp3プレーヤーは持ってないですよ。でもやはりiPodが強いでしょうねぇ。

>光さん
えっ、そんなにメジャーな人の曲もないのですか?こりゃますますダメっぽいですね。

>kevinさん
コメントありがとうございます。
MUSIC STORE、今はまだあまり使えないようですが、将来に期待です。
あ、お気に入りんくに追加しておきました。
Posted by グレエ at 2006年05月23日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18220822

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。