2006年08月14日 Mon

モテるタイプ【昔の話】

もう今日こそは言わせてもらう。何がなんでも言わせてもらう。たとえ憲兵に逮捕されて銃殺刑に処せられようとも、ジャンボ飛行機が部屋に突っ込んでこようとも言わせてもらいますよ。

「クールな男がモテるなんて嘘だ!」


ちょっと思い出してみてください、ドラマやアニメで女の子にモテる男のことを。すると、たいていクールで二枚目な男が思い浮かぶと思います。頭がよくて、でもなにげにスポーツもできちゃったりして、そっけないふりして実はやさしい。そんな男が典型的なモテる男として描かれることが多いと思うんですよ。


実生活においてもそういう傾向はあって、女の子たちも「うるさい男は嫌」とか「やさしい人がいい」とか口々に言うわけです。それで、まるで少女漫画に出てくるようなクールな男像をうっとりと語ったりする。うむ、反吐が出るわ。


いったい彼女らが何を考えてそんなことを言うのか、まったく理解しかねる。だって、実際女性がつきあうのって、そんな理想像とは遥か対局にある男ばかりなのですよ。180度違う男ばかりなのですよ。下手したらいちばんモテないタイプとしてドラマやアニメで描かれるような男ばかりなのですよ。くそっ!



僕がまだ地元にいた頃、近所にあるきれいなお姉さんが住んでいました。お姉さんが19歳くらいで、僕が高校生くらいだったと思います。彼女は中学時代から同学年の男子の憧れの的だったようで、その評判は3つほども年下の僕の耳にまで入ってくるほどでした。実際、何度かそのお姉さんをみたとき、サラサラの黒髪が美しい、実に清楚な女性だという印象を受けました。


うん、彼女の魅力なら、男どもがこぞって夢中になるのも頷ける。きっと将来は頭がよくてやさしくて、それこそ王子様のような男と結婚して、ドラマみたいな幸せいっぱいの家庭を築くのだろうな、と思っていましたところ、お姉さん、20歳前後で結婚。この晩婚の時代に、高校出てすぐ結婚。おいおいお姉さん、何をそんなに生き急いでいるんだい、と思うのだけれども、容赦なく結婚。


友人から聞いた噂によると、どうやら彼女の結婚相手というのは地元でも有名なほどの不良だということでした。いやいや、どう考えてもおかしい。釣り合ってない。というか同じ秤で測定することさえ神に唾する行為ではないかというほどに理解不能。


地元でも有名な美人、一昔前ならナントカ小町とか言われそうなべっぴんさんが、シャコ短の車で音楽をズンドコ鳴らして夜中にドライブしてそうな不良と結婚。お互いに彼女のいなかった僕と友人は、夕暮れの道ばたで語り合いました。

「なんで不良がモテるんだろうな」と僕。
「うん、ほんと、何がいいのか分かんないよ」
「世の中狂ってる」

疑問と嫉妬の気持ちが入り交じり、切なさがこみ上げてきます。そうして、次に友人が言い放った一言。

「おれさ、こういうことが起こると、生きてるのが空しくなるんだよな」

ああ! 僕は、この悲しみの結晶のようなつぶやきを、生涯、忘れることはない。


まあ何が言いたいのかってゆうと、要するに現実にモテる男ってのは、しばしば語られる理想的な男性像とは似ても似つかないじゃないかってことです。他にも僕が高校生の頃に女の子にモテていた男というのは、不良であったり暴力的な男ばかりだったのですよ。


現実に目を向けてみると、世間で一般的に語られているような、クールな男はモテるという論は明白に誤っており、口数の多いうるさいキャラやワルぶっている男がモテているということが分かります。


別に、それが悪いというわけではありません。人の好みは様々ですから。しかし一般論と現実がひどく乖離しているという驚くべき事実、それを皆さんに分かって欲しかったという、それだけのことなのです。


ああ、それにしても、なんでだろう? 事実を書いているだけなのに、なんだか胸が痛くなって、涙がこぼれてきちゃった。そして、高校生の頃、あの夕暮れの道ばた、友人がつぶやいた一言が不意に蘇ってきてしまった‥‥‥。


「おれさ、こういうことが起こると、生きてるのが空しくなるんだよな」
posted by グレエ at 21:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング
この記事へのコメント
自分なりに分析したんですがモテるやつってのはたぶん『行動力があるやつ、押しが強い奴』だと思われます。
不良なんかは特に押しが半端ないと思うので結果いつも彼女がいるのでしょう・・
グレエさん!多少強引にいっちゃいましょう!!
この分析からするとモテないのは『引っ込み思案な奴、クールな奴』と言う事になります。
Posted by 宗介 at 2006年08月16日 00:35
なーるほど。まさに僕ですね。
>引っ込み思案な奴、クールな奴

分かりました。ではドイツから帰ったら多少強引にせめようと思います。でも大丈夫かなぁ? 僕なんかに振り向いてくれるかなぁ?(引っ込み思案)
Posted by グレエ at 2006年08月16日 02:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22344652

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。