2006年09月23日 Sat

野口を追え【日記】

全国7億5000万人の野口さんファンのみなさま、大変お待たせいたしました。本日はいよいよドイツ滞在中の野口さんについてです。え、何? 野口さんを知らないって? ほら、あいつあいつ。僕とおなじ学科でメガネの。そうそう、その男嫌いの方! はい。では疑問もすっきり解決したところで本題に入りましょう。


一言で表すなら、ドイツでの僕と野口さんはまるでフライデーの記者とセレブのごときイタチごっこを繰り広げていました。はじまりは某観光地でのやりとり。

「野口さん、いっしょに写真撮ろうよ」
「あ、ごめん。あたし写真嫌いだから」

この一言が僕の中の何かを変えました。それからというもの、ビアガーデンで、湖の上で、お城で、あらゆる場面で繰り広げられる不毛な会話。

「野口さん、いっしょに写真入ってよ」
「だから、写真は無理」

「野口さん、2人じゃなくてみんなでならいいでしょ?」
「いや、写真はやだ」

「のぐ」
「やだ」

彼女が5回目に写真を拒むようになったころ、僕は一つの厳然たる真実にたどり着きました。

(もう、不意打ちしかねぇ)

それからは、僕がカメラを構える。奴が何かに隠れる。僕がカメラを構える。奴が後ろを向く。僕がカメラを構える。奴が走り去る。そんなマリオとテレサにも似たイタチごっことなりました。いったい何が彼女をそこまで写真嫌いにさせたのか。写真に写ると魂が抜かれるって信じてるんじゃないか。減るもんでもあるめぇしエエやないか。そんな疑念に頭を悩ませながら、本場ドイツのビールをうまうまとジョッキで飲み干す野口さんにカメラを向けたところ。

「そんなにあたしの写真が欲しいなら、むかしの写真あげるよ」

いらんわそんなもん。っていうか僕は野口さんの写真が欲しいわけではないのだ。野口さんの写真を撮る、という事実が欲しいだけなんだ。


そうこうするうちにドイツ滞在も残り1週間。野口さんとのツーショットは愚か、野口さんを含めた集合写真さえ僕のデジカメには入っていない。ちくしょう。僕のこのドイツ留学は何だったんだ。ホストファミリーとの会話、毎日のドイツ語の授業、週末の楽しかった旅行、おいしかったドイツのビールやソーセージ。ほんとうに楽しい3週間でした。先生、そしてみんな、本当にありがとう。数十年後、またみんなでドイツに来て、この留学のときの思い出話を肴にビールを飲みたいね。って、違う! いや、それはたしかにそうなんだけれども、いまの問題は野口さんの写真だ。


帰国数日前、某ビアホールにて。

「野口さん、おなじ学科の4人みんなで写真撮ろうよ」
「やだ」

思わず懐のワルサーP-38に手をかけそうになる僕。

「もうすぐ帰国だし、1枚だけ」
「無理」

思わず懐のワルサーP-38を取り出し引き金に指をかけようとして、ワルサーを所持していないことに気づきハッとする僕。右手人差し指が虚しく空を切る。

「じゃあ、そのパン撮らして」
「うん」

ということで、ドイツ滞在中、唯一撮影に成功した野口さんの画像がこちら。


野口の手



いや、手だけとか、何の意味もないし。
posted by グレエ at 05:46 | Comment(13) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング
この記事へのコメント
パンが駄目ならケーキを撮ればいいじゃない!
どうも、なも〜です。
ふと、思ったのですが、パンを写す瞬間に、買ってきたワルサーを野口さんに向ければ、きっと野口さんは、来るであろう銃弾を避けるため、両手を上げながら、白鳥のように、飛翔拳で空中にとびあがると思いますので、その瞬間をカメラでおさめればよかったのでは?野口さんの、中国映画の様なそんな写真がとれたはず。空中なので、カメラからも、逃げれません。
あと、パン写すときに、カメラを上に向ければよかったのでは?
Posted by なも〜 at 2006年09月23日 08:54
はじめまして!!
しかし、それだけ嫌がるって事は、
うかつに写真を撮ってしまうとホントに
魂が抜けてしまようになったのかもしれません。(もしくは変身する。)
そんなリスクをしょった野口さんがパンを撮らせてくれたと言う事は
ドイツ留学で交友関係を築けたという事でしょう。

これからも仲良くしてください☆☆

Posted by 平面イヌ at 2006年09月23日 10:15
 手。これがまず第一歩。そのうち、肩、くるぶし、太もも、腕、首、胸、お尻、とグレードアップしていけることでしょう。
Posted by kevin at 2006年09月23日 11:45
僕も写真嫌いでして、自分の写っている写真を見るには相当な精神力を消費します。
野口さんも、それを恐れているのかもしれません。

もしくは、実はこのサイトが野口さんにバレていて、
自分の写真が掲載されるということを恐れているのかもしれません。
Posted by フルゥ at 2006年09月23日 18:51
コメントありがとうございました!

ここまで徹底的に拒否するというのはすごいですね。
逆に潔さを感じます。
ちなみに私は何万円積まれても
干しぶどうは食べません。
Posted by コガラシ at 2006年09月23日 23:19
やべぇ、野口さんの手だ…

紫色のニットがどことなくいい…


うん…
そこまで拒否られて、執拗に撮りたいいうグレエさんもなかなかですけどねw
Posted by ばんぶ at 2006年09月24日 01:51
>なも〜さん
残念ながら、デジカメのシャッタースピードの遅さと野口さんの動きの素早さ(メタルスライムと張り合う)ではそれはかなわぬ夢でした。

>平面イヌさん
正直な話、ドイツ留学で野口さんとの距離はかなり縮まったと思います。あと、野口さんが腐女子であるということが留学中に判明しました。

>kevinさん
いずれ野口さんの体全体のパネルをつくれるかもしれませんね。しかし顔は永遠に欠如したままでしょう‥‥‥。

>フルゥさん
もしこのブログがバレていたらそれどころの話ではないですよ。たぶん殺害されていますよ、彼女の心の中で。

>コガラシさん
写真嫌いな人はたまにいますが、ここまで徹底している人ははじめてです。なにしろみんなで撮る写真にすら入りたがらないですからね。
30万出すといったらどうですか?

>ばんぶさん
なんだか途中から嫌がる野口さんを見るのが楽しくなってきましてね。ええ、完全に写真を撮るという目的を忘れ、反応を見るためにカメラをかまえていました。



僕があまりに野口さんの写真を撮ろうとしていたため、他のメンバーに「グレエは野口さんが好きなんだ」と誤解されたほどでした。でも別に好きってわけじゃないのに。
Posted by グレエ at 2006年09月24日 04:33
誤解なんですか?
私も絶対好きなんだと思って野口レポートを楽しみにしていたのですが。。。
Posted by ハンナ at 2006年09月25日 09:51
>ハンナさん
これまでの書き方だとそう思われても仕方ないかな、と思うのですが、それは誤解です。好きというわけではありません、まったく。
説明しづらいのですが、なんというか、彼女があまりに男に心を開かないものですから、逆にこっちから接して行ったらどういう反応をするのかが楽しみになった、みたいな感じです。
Posted by グレエ at 2006年09月25日 10:04
おもちゃ扱いですね、わかります、私もそういう猫&ネズミ遊び好きです(^_^)。
自分も相手も傷付かないのがわかるから気楽に遊べるんですよね。
私の中では、グレエさんが野口さん遊びに飽きたら今度は逆に野口さんに
追いかけられるというシナリオが出来ているのですが、どうでしょうか?
Posted by ハンナ at 2006年09月25日 15:21
それはおそらくないと思います。僕の方から話しかけなくなったらあっちからは半永久的に話しかけてもらえない気がします。でもドイツ留学中にそこそこ仲良くなれたし、もうこれまでのように意識して接してゆくのはやめようかな、と思ったりしています。野口さんシリーズ、完(?)。
Posted by グレエ at 2006年09月25日 15:34
完?ちぇ・・

Posted by ハンナ at 2006年09月25日 16:45
ええ、たぶん、完‥‥‥。
Posted by グレエ at 2006年09月25日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24273478

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。