2006年09月29日 Fri

刺激的な生活【日記】

いや、まいったまいった。ここ数日なにもやっていない。ほとんどひととしゃべっていない。ここまでだめ人間になってしまうとなにか法律に触れてくるのでは? というほど存分にだめ人間ぶりを発揮している。


僕がなぜこれほどだめな人間になってしまったかと言うと、それは留学時との環境の差が原因なのだとおもう。ドイツにいたころは生活のすべてが刺激に満ちていた。スーパーで買物をするのさえ、ちょっとした冒険だった。それが日本に戻ってきてしまったことで退屈な日常に引き戻され、生活のなかに刺激がなくなってしまったのだ。それこそ夫が朝から晩まで仕事仕事でかまってくれず、とうとう近所の19歳の青年に色目を使い出した39歳主婦のY子さんくらい刺激のない生活。


これではいけない。なんとかして刺激を得て、充実した生活を送らねばならない。ということで、どうすれば刺激に満ちた生活を送れるかを考えてみた。


刺激というのは、すなわち急激な変化のことである。刺激が欲しいなら、まず自分自身が急激な変化を遂げればよい。たとえばファッションをがらっと変えてみる。そうすればいつも以上に友人からの注目を受け、それが刺激になるはずだ。


あるいは別の意味での刺激を得るために、裸にトレンチコートを着て街を歩く、というのもいいかもしれない。いつもは気にも留めなかった他人の視線が気になって仕方なくなるだろう。ちょっと勇気を出して電車やバスに乗ってみたり、女性のまえで脱いでみたり。そのときの刺激のみならず、次の日から留置場という新しい環境で刺激的な生活を送れて一石二鳥。


ほんとうに法に触れるだめ人間の完成、というわけだ。
posted by グレエ at 16:28 | Comment(7) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング
この記事へのコメント
今日の日記だけ読むと僕よりも変体に聞こえる・・・・
Posted by 光 at 2006年09月29日 18:14
まあ、そうですね。変態ですね。人間、あまりに暇だとこういうことを考えるようになってしまう、という例です。怖いですね。
Posted by グレエ at 2006年09月29日 20:26
物凄く暇な時って有りますよね。しかし、そんな時にも人に迷惑をかけてはいけません。グレエさんは、いろいろな人に助けられて生きてきたのだから…。
だから、人の迷惑にならない事、例えば、街中を全身タイツ、もしくは、女王様ボンテージ等の服装で歩いてみてはどうでしょうか?罪にならないと言うことは、迷惑がかかってないと言うことです。職質はされると思いますけど。
Posted by なも〜 at 2006年09月29日 21:21
裸にトレンチコートの方が(脱がなければ)まだマシではなかろうか!? 暇だ暇だと言い続けていましたが、あと2日の辛抱となりました。
Posted by グレエ at 2006年09月29日 23:13
季節少し遅めな気もしますが
刺激がないなら仕方がないですよね。

思い切って、お巡りさんの前に立ちはだかってみると刺激さ8割増しですよ!!
Posted by 平面イヌ at 2006年09月29日 23:27
僕も、明日、明後日、暇
Posted by フルゥ at 2006年09月30日 00:06
>平面イヌさん
秋に、というのもまた乙なものですよ。っていうかもう、それやったら警棒で思いっきり殴られるんじゃなかろうか?

>フルゥさん
もうちょっと。もうちょっとの辛抱です。
Posted by グレエ at 2006年09月30日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24615507

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。