2006年10月07日 Sat

天才勇気様再来【ゲスト】

おっす!久しぶりだな。今日はグレエが他のリア友に見せるブログの記事を9個も書いて死にそうだとか言ってるからまた俺が書いてやることにしたぜ。それにしてもパソコンを12時間も起動させっぱなしってのはちょっとイカれているじゃねぇか?バッテリーが発火しちまっても知らねぇぜ?


んじゃまず、前回コメント欄で野郎共からもらった質問に答えてやるぜ。ありがたく聞きな!
天才勇気様は、どんな車に乗ってるんですか? ビッツですか? (kevin)

おいおいちょっと待ってくれ。いくら俺がビッグな人間だっつってもまだ16なんだぜ?車なんか持ってねぇよ。いまの俺の愛車はHONDAのDio。バリバリ改造してっからそこら辺の軟派な250や400なんかにゃ負けねぇぜ。ま、車はあと2年したらBMWかベンツに乗るつもりだ。やっぱキングの乗る車はそれにふさわしいメーカーじゃねぇとな!
私は愛人という関係を強く望んでいます。
スリーサイズはドラえもんと同じ。顔はよく、伊集院光に似てる。ってよく言われます。
いつか、スーパーカブカスタム90の後ろに乗っけて下さい∨∨∨ (豚頭なも子)

そのスリーサイズははっきり言って化け物だぜ?そんなやつを愛人にするわけにはいかないな。オンナもキングにふさわしい美人じゃねぇとよ。まあ、ツーリングになら連れてってやってもいいぜ?行き先は肉の卸業者だけどな。
天才勇気様、はじめまして。

えーっと、えーっと、夫婦別姓には賛成ですか?反対ですか? (Risky)

夫婦ってのは男と女なわけだろ?それなら性別が別なのは当然じゃねぇのか?賛成も糞もねぇぜ。ま、なんにしろこの勇気様の前では社会問題なんぞどうでもいいことだがな。
とりあえず勇気さんはナルシストの方向でぇ (光)ww

これは俺がナルシストだって言いてぇのか?喧嘩ならいくらでも受けて立つぜ?しかし考えてもみろよ、本物の天才が自分を天才だといってそれがナルシストってことになるか?それは事実を口にしているまでだ。ナルシストってのは鏡ばっかりみてる軟派な雑魚共のことを指すんだぜ。


おいおい質問はこれだけかよ?もっとこう、俺の右頬にある傷の原因になった2年前の喧嘩のことだとかライバルのタカシと由美子を賭けて闘ったことだとかを聞いてくる奴ぁいねぇのか?まあいい。それもいずれここで語ることにしよう。


おっと、もう集会のはじまる時間だ。外で仲間が呼んでやがるから今日はこの辺で終わりにしとくぜ。またな。
posted by グレエ at 21:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

2006年09月30日 Sat

天才勇気様参上【ゲスト】

おっす! きょうはグレエのかわりにこの天才勇気様がブログを書いてやるぜ。ありがたく一字一句味わって読みなよ。


おっと、まずは自己紹介からだな。俺の名前は勇気。生まれついての天才だ。きょうはグレエのやつが何もしたくない病にかかったとかほざいてやがるからダチのおれが書いてやることにしたんだ。俺はいま、一応高校生ってやつをやってる。ま、クソみたいな高校で通う価値もねぇし、授業もかんたん過ぎて出る意味もねぇからほとんど行ってねぇんだけどな。先公共もビビってなにもいってこねぇしよ。


実は俺、おととい少年院から出てきたばっかなんだ。半年も辛気臭ぇとこぶち込まれてたからシャバの空気がえらく新鮮に感じられるぜ。誰にも気兼ねなくタバコ吹かせるっていいもんだよな。ま、おれまだ16だから違法なんだけど、ポリ公の雑魚共なんか怖くねぇし、将来ビッグになる人間はそんなお上の犬共にビビったりはしないってわけよ。


俺はあと10年もしたら日本のソーリ大臣、いや、大統領だっけ? まあ、いいや。とにかく日本のヘッドになってこの腐った国を叩き直してやるのが目標なわけよ。いまの政治家はカネだとか地位にこだわってばっかだし、パンピー(一般ピープルって意味だぜ)共も殺人事件だなんだで病んでやがるからな。そんなぶっ壊れちまった社会をまともにできんのはこの天才勇気様だけってわけだ。


いや、正直いって俺は日本の大統領なんかなりたくねぇんだけどよ。ほんとは音楽の才能を生かしてロックで一生飯食っていきたいんだけど、なんつぅか、こんだけ天才的だと好き勝手できないわけよ。一種の使命感ってやつ? そいつを感じちまってんだよな。天才に生まれるってのも楽じゃねぇよ。


ちょっと家族のことでも話すかな。俺には兄貴がいてよ。銀河とかいうふざけた名前なんだけど、こいつがことあるごとに目障りなんだよ。俺の2コ上で、高校は入学して2ヶ月で中退していまは親父の露天商の手伝いやってんだけど俺のこといつもバカ呼ばわりしやがってさ。俺が大統領になったらまずこいつを刑務所にぶち込んで一生出れなくしてやんのがちょっとした夢なんだ。ヤクザの下っ端みたいなこともやってっから罪状なんかいくらでもあるしな。おっと、ちょっと辛気くさくなっちまったな。


んじゃ、下でうちのババァが呼んでることだし、そろそろきょうのブログはおしまいってことにしとくわ。まだ俺のオンナ(カノジョはいつでも3人以上いるぜ)のこととか愛車のことも書いてないし、300以上ある武勇伝もひとつも書けてないけど、それはまた今度、ってことで。


あ、そうだ。この天才勇気様のファンになっちまったっていうオンナで、俺になんか聞きたいことがあれば遠慮なくコメントに書いてくれよな。次の機会にゼッタイ答えるからよ。ま、野郎からの質問でも気が向いたら答えてやるぜ。じゃあな!
posted by グレエ at 10:41 | Comment(5) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

2006年09月27日 Wed

レーゲンスブルクの夜【ゲスト】

「あなた、それは子どもたちの学費よ」
「うるせぇ、これはおれが稼いだカネだ。どう使おうが自由だろ」
「あなた」
「しゃらくせぇ」
「きゃあ」

ふぅ、まったくうるせぇ嫁だぜ。これだから飲まなきゃやってられねぇ‥‥‥ん? うあぁ! ダ、ダンナ、そこにいらっしゃったんですか。いるならいるっておっしゃってくださらなきゃ、へへへ。ど、どうもお見苦しいところをお見せしちゃったようで‥‥‥。


それはそうと、先日はこのアクセス乞食にご協力してくださり誠にありがとうございやした。おかげさまであっしの酒代‥‥‥あ、いえいえ、家族を養う糧ができやした。で、もしよろしかったら、よろしかったら、でいいんですがね? またクリックしていただけませんかねぇ、ダンナ。

人気blogランキング

グレエ「おい、またお前かアクセス乞食。いい加減にしないか!」
アク乞食「うあぁ! ちくしょう、また見つかっちまった」
グレエ「待て!」
アク乞食「く、来るなぁ!」


ドイツ留学中の話ですよ。あれは第2週目の土曜日でした。ミュンヘンから電車で約2時間のレーゲンスブルクという小さな街に1泊2日の小旅行にいきました。昼に街をぶらぶら歩いて大聖堂やドイツ最古の石橋、あるいは市庁舎の内部などを観光したあと、夜はあるレストランで食事をすることになったのです。大きなテーブルにつく19人のメンバーたち。僕の隣にはニナという女の子がいました。ニナというのは留学中についたあだ名でもちろん日本人です。


レストランで席に着いたときにはまだ明るかった空も、食事を済ませビールのジョッキが空いてくるに連れ、だんだんと暗くなってゆきました。


石畳の細い道を通り抜け、レーゲンスブルクの乾いた風が僕の火照った頬をなでては通り過ぎてゆきました。目の前には談笑したり、ビールのおかわりを注文したり、引率の先生から奥さんの話を聞き出そうとしている友人たちの姿。楽しいひと時に、ついついお酒に弱い僕もビールを飲み過ぎてしまいました。

「大丈夫?」
「うん、平気平気」
「でも顔真っ赤だよ」
「ちょっと酔い覚ましに散歩してこようかな」
「じゃあわたしもいく」

そうしてニナと街の中を散歩することになりました。夜の帳が降りたその古い街は、日中とは別の表情を見せていました。ぼんやりと橙色にライトアップされた大聖堂が深い夜空に向かってそびえ立ち、中世の面影を残す石畳の道路には車もまばらでした。


ニナとの散歩、そのときいったい何が起こったのか。彼女の口から語られる衝撃の過去とは。アイスクリームショップでの事件。ニナの驚きの真実。僕がとった信じがたい行動。続きが気になる人はぜひクリックを!

人気blogランキング

きみは、真実の愛を知っているか?

Coming soon‥‥‥


グレエ「おい、その日は散歩してすぐ帰っただけだ! 続きがあるような書き方するな!」
アク乞食「うあぁ! い、いけねぇ。見つかっちまった」
グレエ「今度こそ取っ捕まえてやる!」
アク乞食「ヒエーーーッ!」
posted by グレエ at 00:52 | Comment(6) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

2006年09月22日 Fri

アクセス乞食【ゲスト】

ど、どうも、はじめやして。あっし、アクセス乞食というものでやんす、へへ。よろしかったら、下にあるリンクをクリックして、ブログの順位をあげる、なんてことをしてくれやせんかねぇ、ダンナ。

人気blogランキング

いえいえ、別に何がなんでも押せ、ってわけじゃあないんですがね、もしも、もしもですよ? このブログがおもしれぇだとか、まあ暇だしそれくらいしてやってもいいかな、なんていうふうに思ってくださったら、ちょちょっと押してくれたらありがてぇなんて考えてる次第でしてね、へへへ‥‥‥。


グレエ「おい、あんた誰だ?」
アク乞食「うあぁっ! ヤベェ! 見つかっちまった」
グレエ「おれのブログで何してるんだ!」
アク乞食「すすす、すいやせん。もうしません。だから追いかけないで!」
グレエ「おっ、おい! 待て!」


きのうですよ、ようやく部屋の掃除と荷物の整理が終了しました。まあ明らかに遅いんですけど、これにはわけがありまして、冷蔵庫の電源を切っておいたら食料が入ってないのに内側にカビが繁殖していたり、掃除と同時にちょっと模様替えまでしていたので時間がかかったのです。


帰国翌日の火曜日。さっそく部屋の掃除と荷物の整理をはじめようと思ったところ、どうも一人だとしんどいし元気もでないな、と感じ、誰かの手助けがいると判断したのですよ。カビも取らないといけないし、机も動かしたいし、やることはたくさんあったので猫の手も借りたいほどでした。ということで僕は屋外へ出て親切そうな猫を探しに行ったのです。


しかし考えが甘かった。人間同様、見ず知らずの僕に手を貸してくれるような猫ってそうはいないわけですよ。道路脇や塀の上なんかにいる猫たちに声をかけてみるんですけど、みなさんそれぞれに用事があったりしてなかなか手伝ってくれるような人のいい猫には巡り会えませんでした。そうこうするうちに3日が経過し木曜日。声をかけるのもとうとう101匹目となりました。

「あの、すみません。ちょっとお時間いいですか?」
「いえ、いまちょっと急いでるんで」
「あの、あとででいいんです。ちょっと部屋の掃除をするのに手を貸して頂きたくて」
「うわ、来た!」

そうしてその猫には逃げられてしまいました。後ろから変な髪型の女性が走ってきていたので、きっと追いかけられていたのでしょう。こうして僕は一人で片付けを行うことを余儀なくされたのです。


3日3晩に及ぶ親切な猫探しに疲れ果てて部屋に戻りシャワーを浴びました。ああ、どうせ自分は一人なんだ。掃除だって片付けだって、ぜんぶ一人でやんなきゃならない運命なんだ。ふ、悲しい男だぜ。そんな感慨に胸を焼かれ、シャワーの水に混じって涙が流れてきました。


シャワー終えて、体を拭いて、着替えて、さあ、部屋の掃除。まずは冷蔵庫のカビ取りからかな、と台所に向かったそのときでした。

コンコン。

ベランダの窓ガラスを叩く音が聞こえました。まさか、ここはマンションの3階。人がベランダにいるなんて考えられない。もしかしたら行儀のいい泥棒? そんな不安を抱きながらカーテンをあけると、そこには一匹のドラ猫がいたのです。僕は呆然としながらも、窓ガラスを開け、猫をなかに入れてやりました。

「さっきはすみません。変な頭のおばさんに追いかけられていた最中だったもので。それで、わたしは何をお手伝いしてさしあげたらいいのでしょう?」

僕はその猫の誠実さに心を打たれる思いがしました。見ず知らずの男の頼みに対し、わざわざ部屋に来てまで応えてくれるとは。猫の世界って、あたたかいんだな、そう思いました。しかしほんとうの物語はここからはじまるのです。猫と共同でのカビ取り。芽生え行く友情と恋心! 挑戦と挫折! 猫のほんとうの名前とは? 隠されたその血統の謎とは? 続きが気になる方はぜひクリックを!

人気blogランキング

きみは、伝説を目撃する!


グレエ「おい、また長々と勝手に書きやがって、いい加減にやめろ!」
アク乞食「うあぁっ! また見つかっちまったぁ!」
グレエ「おととい来やがれ!」
アク乞食「ヒエーーーッ!」
posted by グレエ at 00:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

2006年07月17日 Mon

たらこ対話編【ゲスト】

たらこA&B.jpg


たらこ左「グレエのやつ、きょうの日記は何書く気かな?」

たらこ右「なんかネタがなくて困ってるっぽいよ」

左「そりゃそうか。きのうもきょうもひきこもってたわけだし、ネタになることもないもんな」

右「前回は4時間もかかって下らない話書いてたけど、さすがに試験が迫ってきてそんなのを毎回書くわけにはいかないみたい」

左「そのくせきのうはネットしかしてない」

右「確かに。でもきょうはあいつもやる気出してたみたいだった」

左「ああ、でも大学の図書館に行ってみたら休館で、キャンパスの真ん中で泣いてたっけ」

右「試験期間の祝日に図書館行くとか、ほんと馬鹿だな」

左「それでも部屋ではちゃんとドイツ語とラテン語の勉強やってたぜ。なんかパソコン触りながらだったけど」

右「ああ、それ、ラテン語の文章をGoogleで検索して訳を丸写ししてたんだよ」

左「マジかよあいつ! 横着しやがって!」

右「まあまあ、それくらい許してやってもいいんじゃない? あの授業は先生の教え方が酷すぎる」

左「まあな、説明が下手だし、毎回今にも死にそうな状態だからなあの先生」

右「ところで最近のあいつの日記、やたら長いよな」

左「うん、あれじゃはじめて来た人はめんどくさくて読んでくれないだろ」

右「試験期間に入ってちょっと更新頻度上がってるくらいだし、ミクシィ日記に至っては毎日更新してるし、いったい何考えてんだか‥‥‥」

左「ジャンキーだな、ジャンキー。日記ジャンキー」

右「そういえば、今グレエは何やってんだ?」

左「夕飯買いにコンビニに行った」

右「あいつ、またコンビニ弁当か。体に悪いぞ」

左「お金もかかるのになぁ‥‥‥あっ、帰ってきた! やばい、元の位置に戻れ!」
posted by グレエ at 22:01 | Comment(8) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

2006年06月06日 Tue

トノサマバッタ【ゲスト】

バッタ.jpg



こんばんは、トノサマバッタです。グレエは火曜日は忙しいらしく、毎週更新がないので、かわりにおれが更新しようと思います。


ふー。これ、しんどいわ。おれ体が軽いからさ、一文字打つたびにジャンプしなきゃならないんだわ。ジャンプ力だけが自慢のおれだけれど、こう何度も何度も飛んで着地してキー入力すんのってかなり疲れる。


そうそう、疲れると言えばこの前もほんと疲れる出来事があったのよ。天気のいい日だったから、公園の草むらで優雅に飛び跳ねていたの。高く高く空に向かってジャンプすると風が気持ちよくて最高だったの。

ところが、さっきまで砂場で遊んでいたガキがおれに気づいて、おれを捕まえようとすんのよ。いやもう、必死で逃げたね。実はうちの親父、数ヶ月前に別のガキに拉致されて戻ってこなくなっちゃってんの。おれはその二の舞になりたくないから無我夢虫で逃げた。

そしたらなんか、着地した部分にちょうど溶けたアイスが落ちてたの。そんでもう、体中にバニラアイスがべっとりくっついて真っ白になっちゃった。あとで鏡を見てみたらもうバカ殿様そのもの。
誰がバカだ。
posted by グレエ at 01:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

2006年04月22日 Sat

雲のささやき【ゲスト】


雲.png



あの お久しぶりです

あなたは わたしのこと 覚えているでしょうか?

わたしは 雲です

空に浮かぶ あの 白い雲ですよ




あなたはいつも 屋根の下 パソコンの画面に向かってばかり

わたしのこと ちっとも 見てくれない

ときには むかしみたいに わたしを見てください

わたしはいつも あなたの頭のうえにいるのですから




ときどきで いいのです

目が疲れたときにでも ほんの一分 いいえ 十秒でもいい

すこしだけ 窓ごしにでも わたしのことを見てください

夕方には お化粧をして あなたを待っていますから




それでは またお会いしましょう

わたしはいつも あなたのこと 空から見守っています
posted by グレエ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

2006年03月20日 Mon

キリストですが何か?【ゲスト】

キリスト.jpg


こんにちは、イエス・キリストです。
きょうはグレエくんに変わって俺がブログ書こうとおもいます。


あいつはいまジャンプ読んでくるとか言ってコンビニにいっちゃってこの部屋にはいません。ほんと、非常識なヤツですよ。客人ほっといて一人でマンガ読みに行くとかさ、マジありえねぇし。しかも俺、仮にもイエスですよ? キリストですよ? 信者とか億単位でいるんですよ?


まあ、それでちょっとムカッときたんで、勝手にきょうのブログ書いちまえ、とおもいましてね。



もしかしたら、「なんでお前生きてんだよ」なんておもう人もいるかも知れないけど、そういう人はもうちょっと勉強した方がいいですよ。

ほら、アレですよ。


復活したんですよ。




別に不思議じゃないっしょ? 一回復活したことあるんだし。
まあ、一回目は死んでからけっこうすぐに復活したのに、二回目はいきなり2000年たってたからちょっとびっくりしたけどねw


でまあ、やっぱ俺、宗教家なわけだし、また布教はじめたんですよ。
とりあえず京都駅とか大阪駅とか、人のいっぱい集まるとこ行って説教したんですよ。

でも誰も信じないのな。

見事に一人も信じないのな。

っていうか、信じる信じない以前に、誰も俺の話聞いてくれないのな。

2時間くらいしゃべってたらようやく若い女の子3人がちょっと離れたところで聞いてくれてさ。
で、聞いてくれるのは嬉しかったんだけど、そいつら、なんかこっち向いて笑ってんのよ。


ほんと、理解できないわ。
俺、別におもしろいこと言ってないし。
布教してるだけだし。
笑いどころなんかねーっつの。



で、その次にこんどは俺と同い年くらいの男が2人近づいて来てさ。
こいつらはぜんぜん笑ってなくて、こんどこそちゃんと聞いてくれるかと思ったら、俺の布教活動いきなり邪魔しやがってさ。
てっきり、またあのうざいパリサイ人かと思ったけど、どうもそうでもないらしくて。

「お前ら誰だよ?」
って言ったらケーサツだとか訳の分からないこと言い出してさ。
そんなやつ知らねっつの。


それでこんどはそのケーサツが「名前は?」って聞いてくるから、「イエスです」って言ったんだけど、これがぜんぜん信じてもらえなくてさ。

これは意外だったね、っていうかあきれたね。
あのクソうっとうしいパリサイ人のやつらでさえそこは信じてくれたよ。


それから他にもいくつか質問されてさ、俺自身はうまく切り返したつもりだったんだけど、あいつらほんとに話が通じないのな。

「仕事は?」
って聞いてくるから、

「布教です」って言ったら、
「仕事はしてないのか?」って言ってきてさ。




だから布教じゃ言うとるやろボケェ!!



って言ってやったよ。
心のなかでね。





そういうことがあって、駅前でやったときは大失敗だったんだけど、そのあとしばらくして信じてくれる人たちにも出会えたんだ。まあ、ある小さいグループの人たちだったんだけど、その人たちは「イエス様だイエス様だ」って言って慕ってくれるようになったんだ。

それで講演会なんか頼まれちゃってさ。
思わず叫んだね。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!




もちろん心のなかでね。

やっぱキリスト教の開祖ですから、そこはあんまり大っぴらに喜んじゃまずいかなと思って。あくまで、「講演会の依頼なんてたくさんあるけど、まあ引き受けてやろうかな」っていう雰囲気でいないとさ。ほら、安くみられたら困るじゃん?


それで、その講演会のために1週間かけて原稿書いたんですよ。ここで信者獲得しとかないといけないと思って。ま、その1週間、他にすることがなかったから、っていうのもあるんだけど。


んで、当日になって会場に行く途中おそろしいものを見ちゃったんだよね。

もうね、完全に萎えた。

萎えー、よ。


まあちょっと見てくれよコレ↓























イエス講演会k.jpg



段ボールにマジック書きはないだろ!?


俺、イエスだぜ? キリストだぜ?
なのに何なのこの扱い。
俺に対する敬意がかけらも感じられんわ。


もうね、この日はそのまま帰りました。
これ見た瞬間に引き返しました。

どうせ講演会っていっても地元の公民館だし、聞きにくるのおじいちゃんとかおばあちゃんだけだし、放っといてももうすぐ神に召される人たちに布教してもあんま意味ないかなとか思ったしね。










‥‥‥なんか、あれだね。
寂しい世の中になったよね。
あの頃はよかったよなぁ‥‥‥。

いろいろつらいことはあったけど、ペテロとかパウロとかの仲間もいたし、信者もいっぱいいたし。もう一回みんなでご飯食べに行きたいなぁ。この際もう、デニーズのランチとかでもいいし。でももう俺の弟子、誰も生きてないんだよな。


‥‥‥もう宗教とか、はやらないのかな?
なんか、「宗教」って言うとそれだけでみんな引いちゃうんだよね。俺のはそこらへんの怪しいカルトとか新興宗教とは違うって言ってるのに、「宗教」っていう枠でひとくくりにしてみんな拒絶反応示すのよ。


ぶっちゃけるとさ、もう布教やめようかな、とかおもってるんだ。このまま続けてても、将来に明るい見通しないし。親戚からも、あの家のイエスくんは、むかしは成績優秀でいい子だったのに、いまは仕事もしないでぶらぶらしてるとか言われてるらしいし。




だから布教しとる言うとるやろがボケェー!!



って言いたいけど、どうせ理解してくれないだろうしさ。
もうほんと、どうしたらいいか分からないのよ。


こんなことなら、さいしょから宗教なんかに関わらないで、ずっとナザレの実家で大工やってた方がよかったんかな、とか考えちゃうんだよね、最近。親にもだいぶ迷惑かけたしさ。ぜんぜん親孝行できなくて、世間には変な目で見られて、あげくの果てに犯罪者になって、十字架にはりつけにされて死刑ですからね。

ほんと俺、バカやってたわ‥‥‥。


あ、ゴメン。
なんかすごい暗い話になっちゃったね。でも、このブログ読んでくれて、少しでも俺に興味持ってくれたら、それだけで嬉しいからさ。キリスト教徒になってくれたらもっと嬉しいけどwww。そしたら俺が洗礼してあげるし。もしその気になったら俺んとこ来てよ。俺いまJR大阪駅に住んでるからさ。段ボールのなかでボロボロの服着たヒゲの長いのが俺だから。



あ、そうそう。
俺、こっちのブログ(偉人ブログ)にもときどき書いてるから、よかったら見に来てよ。
じゃ、また。





アーメン。
posted by グレエ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。