2006年10月24日 Tue

少子化の原因【ネタ】

大学帰りの電車のなか、ランドセルを背負った小学生たちが六人ほどいて、無邪気にはしゃいでいた。彼らのうち三人は席に座り、他の三人はつり革にぶら下がるように掴まってキャッキャキャッキャ。大人や学生が黙って本を読んだり疲れた顔で眠っているなかで、その子どもたちのあたりだけ照明が当たってるかのように明るかった。子どもは、元気だ。

しかし、この頃日本では少子化が進み、こういう心和む光景を見ることも少なくなった。子どもの数はどんどん少なくなっているのだ。これについて、一般的には日本経済の不況だとか晩婚、非婚が原因だとか言われている。けれど、もっと根本的な原因が見落とされてはいないだろうか?それは子どもがどこからやってくるかを考えればすぐに思いつくはず‥‥‥。

そう、コウノトリの個体数の減少である。

以前は数えきれないほどの従業員を抱えていたコウノトリヤマトだが、現在の日本支部はたった七匹のコウノトリによって切り盛りされている。しかもその内の四匹は学生バイトで試験期間になるとシフトが極端に減るという惨憺たる有様。昔は一度の配達で一人の赤ん坊を運送していたのに、今では一度に四五人を運ぶという荒技をやってのけている。

「次は北海道の山田さんと横田さんと中川さんのとこッスね」
「うん。それと青森の柳さんと大井さんのとこもいっしょにいってくれる?」
「えー!店長、それはキツいっすよー。北海道の三人はみんな3500グラムオーバーなんすよー?」
「そこをなんとかがんばってよ。来月から時給20円アップ!ねっ?ねっ?」
「しょうがないッスねー」

そうしてバイトのコウノトリのアゴはがくがく、羽はくたくた。吉野家のバイトも上回るほどの忙しさである。それでも以前の水準の運送は行えず少子化は進むばかり。さすがにこの状況はなんとかせねばと奮起した日本支部長の鳥居さんは世界中のコウノトリが集まる役員会議で次のような提案をした。

「現在、我が日本支部では慢性的な労働力不足に悩まされております」

カリブ海の小国、トリニダードトバゴ。子ども運送会社であるコウノトリヤマトの本部はそこにあった。各国の代表と本部の役員らが顔を揃えるなかで鳥居の訴えが会議室に響く。

「つきましては、コウノトリ以外の鳥類への募集も視野に入れることを許可願います」

ざわつくコウノトリたち。

アメリカ代表「ミスター鳥居、つまりこういうことですか?他の鳥たちにも我々の仕事をやってもらう、と」
鳥居「ええ、その通りです」
アメリカ代表「しかしこの仕事は古来から我々コウノトリに任された名誉ある仕事。他の鳥に助けを求めることはその誇りを捨てることになります。それに、この仕事をやれる鳥が他にいるでしょうか?」
フランス代表「いっそペンギンに手伝ってもらったらいいんじゃないかな?」

わっはっは。会議室が皮肉な笑いで包まれる。

ドイツ代表「まじめな会議で冗談は慎んでもらいたいですね」
フランス代表「はあ。これだから頭の固い奴は‥‥‥」

隣同士に座るドイツ代表とフランス代表のやり取りで場の空気が凍りつく。この二匹はもう数百年来仲違いしており会議のたびに衝突が絶えない。そもそもこの二匹の確執は十二世紀の初頭に一匹のメスをめぐって起こったごたごたが原因なのだけれどその話は長くなるので省略。

鳥居「とにかく、我々日本代表としましてはペリカンなどの大型の鳥類を中心に募集を呼びかけ、また小型の鳥でも数匹で一人の赤ん坊を輸送する方法を考案しカラスなどにも募集をするという形を考えています。社長、どうか許可を!」

上座の中心に腰掛け議論を見守っていた社長にみなの視線が集まる。静寂と緊張が部屋をつつみこむ。

鳥居「社長!」
社長「‥‥‥ペンギンって、空飛べたっけ?」

コウノトリたち、一斉にずっこける。


提案が聞き入れられなかったことでがっくりと肩を落とし深夜に帰宅する鳥居。ネクタイを緩めながら、ついつい妻にグチをこぼしてしまう。

鳥居「はあ。今日の会議もちゃかされて最後は社長の天然ボケ。やってられないよ」
妻「‥‥‥ねえ、あなた」
鳥居「どうしたんだ?」
妻「赤ちゃん、欲しくないの?」
鳥居「何言ってるんだ。おれたちだけでも生活苦しいのに、この上子どもを育てるなんて無理だよ。不景気でただでさえ減俸が続いてるんだ」
妻「そうね‥‥‥」

このように、また一つの夫婦が子どもを持つ余裕もなく日々の生活に追われ、コウノトリ社会の少子化は進んでゆくのである。

え、コウノトリの赤ちゃんはどうやってできるんだって?いや、そりゃオスとメスが交尾して生むんでしょ。
posted by グレエ at 20:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

2006年10月03日 Tue

カテゴリ論争【ネタ】

真夜中。草木も眠る丑三つ時。地球の片隅で、小さな小さな論争が繰り広げられているのを、あなたは知っているだろうか。人々が一日の疲れを癒し、そして次の日のために安らかな眠りに身を任せているそのとき、彼らはこっそり起き出して、おしゃべりをはじめるのだ。


昔の話「おい。みんな起きてるか?そろそろアクセスがなくなってきたぜ」

モブログ「じゃ、またあの話をはじめるとしようか。どのカテゴリが存続すべきで、どのカテゴリが廃止されるべきか」

昔の話「まず気になるのが、さいきんバトンの存在感が薄すぎるっていうとこだな」

フィクション「そうよね、いちばん新しいのでさえ6月3日だもん。ほとんど意味ないんじゃないかしら、バトンは」

バトン「ひでぇなおい!確かに新しい記事はないけどブログにバトンは必須だろ?他のカテゴリに統合することもできねぇしよ。それにこのところ『ブロガーのためのいいバトン』がけっこうイジられてるじゃねぇかよ。そこんとこ評価してくれよ。それより、フィクションとゲストの違いが俺にはよう分からんわ」

フィクション「なんでよ!ぜんぜん違うじゃない!あたしはグレエが書いた記事で、ゲストは他の人が書いた記事なの」

バトン「でも似たり寄ったりだろ?それにゲストっつっても実際はグレエが‥‥‥」

ゲスト「あーあーあー!なに言っちゃおうとしてんだよあんた!これは他の人が書いたの、ほ、か、の、ひ、と、がっ!フィクションとはぜんぜん違うっつぅの。統合なんかしないかんね。僕はアートの存在の方がよくわかんないよ。あれって日記のなかに入れちゃえばいいんじゃないの?」

アート「ちょ、先輩、それはひどいっすよー!自分、けっこう個性あると思うんすけどねー。それにまだできたばっかで、これからがんばってこうと思ってますし。自分はこう、詩とか絵とか、そういう方向でやってきたいんすよー。日記とはやっぱ違うっすよー」

ゲスト「そうかなぁ‥‥‥。あ、そうそう、あとネタっつうのもよくわからん」

ネタ「あ、あたしっすか?」

ゲスト「ネタっていうのはどういう特徴があるの?」

ネタ「いやあのその、たとえばこの記事もそうなんですけど、日記でもなく、フィクションでもなく、いや、フィクションといえばフィクションかもしれないんすけど、なんて言いますか、その、ネタ、ですね、ネタ」

ゲスト「説明になってないよ。っていうか、この記事は僕んとこに入れるべきなんじゃないの?」

日記「まあまあ。ネタはまだ新人なんだから、これからに期待しようよ」

フィクション「そうよ。ネタはまだこれからだもん」

ネタ「ありがとうございます、先輩!」

昔の話「あと気になるのはお知らせと随時更新記事のことだな。これは質的にはほとんど違わないからなぁ。統合すべきなんじゃないだろうか?」

モブログ「そうですね。一緒にしてしまって差し支えないと思われます」

随時更新記事「はぁ?ワケわかんないんですけどー。だってあたしはこれからもかわってゆくわけでー、お知らせはもうそれっきりじゃんかー。オジサンたち頭おかしいんじゃないのー?ほら、お知らせもなんか言ってやんなよー、あたしたちは違うんだって」

お知らせ「ええ‥‥‥あの、随ちゃんとは、やっぱり、ちょっと、違うと思う、あたし‥‥‥」

モブログ「しかし随時更新記事の方もほぼお知らせといってよい内容ですし、この際、随時更新記事をなくしてお知らせの方に入れてしまえばよいのではないでしょうか?」

随時更新記事「バカじゃないのアンタ。おすすめサイトとかおすすめフラッシュのどこがお知らせだってゆうのー?あんたこそもうそろそろなくなっちゃえば?どうせグレエが実家に帰ったときぐらいしか使われないんだしー」

モブログ「そっちこそ、頭が足りないんじゃないですか?僕が他のどこに統合されるっていうんですか?」

2006年7月「まあまあ、そんなに熱くなりなさんな」

モブログ「あれ、あなたは過去ログの2006年7月さんじゃないですか?失礼ですが、今はカテゴリの話をしているんですよ。過去ログとは関係ないんです」

2006年7月「そう邪険にしなさんな。わしらもあんたたちも、記事を分ける、という点ではおなじ仲間じゃないか」

随時更新記事「でもそっちはもう終わったもんでしょー?それに統合の心配もない。こっちはこれからも働いてかなきゃなんないしー、いつ統合されるか別のやつに取って代わられるかもわかんないわけよー。だからぜんぜん立場が違うのー」

レビュー「そ、そうですよ。私みたいに、開設から1ヶ月も経たずに消されてしまったカテゴリだってあるんですから‥‥‥」

随時更新記事「あんた誰ー?どっから出てきたのー?」

日記「こら、お前のずっと先輩に当たる人だぞ。失礼なことは言わないように」

レビュー「いえ、いいんですよ。どうせ私はこのブログには合わない存在だったんだから‥‥‥」

2006年2月「そんなことないわ。今はもうないけど、あたし、あなたのなかにあった記事、とても好きだったのよ」

レビュー「ほ、ほんとですか?ありがとうございます!」

2006年3月「おいおい2月、本気で言ってんのかい?正直、レビューの記事は笑いどころもねぇし、ひどいもんだったぜ。文章もなってないしな。ありゃ消されて当然だよ」

レビュー「ひ、ひどいぃぃぃ!」

2006月2月「ちょっと、なんてこと言うの?言っていいことと悪いことがあるわ。それに、あなただってそんなこと言えた立場じゃないはずよ。いったいあなたの記事がどれだけ削除されたかわかってるの?」

2006年3月「うっせぇ!これでもまだけっこう残ってるだろうが!」

2006年9月「いやね、前々から言おうとおもってたんだけど、3月くんは下手なフォント弄りが多すぎるね。それに、やたら改行してあるのもどうかとおもうしね」

2006年3月「うっせうっせ!このドイツかぶれが!海外から更新した記事があるからって調子に乗るんじゃねぇよ!」

2006年9月「それは関係ないだろ。別に調子に乗ってなんかいないよ。削除されてばかりだからって八つ当たりは辞めてほしいなぁ」

2006年3月「テメー、言いやがったな!ぶっ殺してやる!」

お知らせ「やめてっ!‥‥‥喧嘩、しないでよ。みんな、なかよくしようよ。みんな、仲間じゃないの‥‥‥。おなじブログでがんばってる仲間じゃないの‥‥‥。喧嘩やめないと、あたし‥‥‥あたし‥‥‥」

2006年3月「ご、ごめん。ごめんよ。おれが悪かったよ。喧嘩はもう辞める。だから泣かないでくれよ。なかよくするからさ。‥‥‥9月、さっきはごめん」

2006年9月「いや、こっちこそ、悪かった。僕も言い過ぎた」

昔の話「なんかすっかり過去ログの話になってたけど、そろそろカテゴリの話に戻さないか?」

日記「そうだな。統合すべきカテゴリはあるか、あるとしたらそれは誰なのか」

ネタ「あ、やばいっすよ先輩!空が明るくなってきましたよ!そろそろアクセスありそうなかんじっすよ!」

日記「よし!全員沈黙!次の会議は明日の午前4時だ!」

一同「了解!」
posted by グレエ at 19:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | edit


→人気blogランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。